Logo square
Logo inline

赤海老のアメリケーヌのクリームカレー&季節野菜のアンチョビクリームディップ

Clock w@3x

45min

Stars2@3x

普通

Bag@3x

通常キット

Medium 66020330 f7bc 4e97 8a5b c54d9a0d6cef
Medium 8787728a 066a 4fcc 8e37 ad433f2c3417
Medium 6872c289 93a2 482f 9011 bd4361bc478d
66020330 f7bc 4e97 8a5b c54d9a0d6cef
8787728a 066a 4fcc 8e37 ad433f2c3417
6872c289 93a2 482f 9011 bd4361bc478d
66020330 f7bc 4e97 8a5b c54d9a0d6cef
8787728a 066a 4fcc 8e37 ad433f2c3417
6872c289 93a2 482f 9011 bd4361bc478d

赤海老のアメリケーヌのクリームカレー&季節野菜のアンチョビクリームディップ

Clock w@3x

45min

Stars2@3x

普通

Bag@3x

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

赤海老の殻まで使った濃厚な旨味が、飴色玉ねぎの甘味と一緒に溶け込んだ絶品カレーです。ルーを使わず、自宅で本格的な欧風海老カレーにチャレンジしてみましょう。副菜には季節野菜を、ホイップさせて混ぜ合わせるだけで簡単な特製のバーニャカウダソースにつけて召し上がってください。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

424f5ab4 581c 4c70 b731 ffc0a843e643

茂庭 翠

フードコーディネーター / 料理研究家

東京都生まれ。10歳から料理漬けの毎日を過ごし、短大では調理学や食文化を専攻。ダブルスクールでフードコーディネートや、同時に料理CMや書籍の撮影現場に出入りし、料理広告を学ぶ。20歳の時、知人と都内に小料理屋を立ち上げ、メニュー開発からサービス提供までを一手に手がける。その後「東京會舘」料理教室にて、フランス料理専属助手として勤務。フレンチの技術を身につけ、人に教える楽しみも知る。現在、広告・WEB動画・テレビ・書籍・コラム執筆などレシピ開発からスタイリングまで幅広く手がける。

Ingredients ― お送りする食材リスト

赤海老のアメリケーヌのクリームカレー

8787728a 066a 4fcc 8e37 ad433f2c3417

赤海老

6尾

Home gray@3x

片栗粉

大さじ1(9g)

Home gray@3x

ふたつまみ

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

Home gray@3x

200cc

クミンシード

小さじ1/2(1g)

Home gray@3x

サラダ油

大さじ2

玉ねぎ

1個

にんにく

10g(2片程度)

生姜

10g

カレー粉

大さじ2(15g)

トマト

1個

Home gray@3x

200cc

ローリエ

1枚

ケチャップ

2袋(26g)

バター

4個(32g)

Home gray@3x

小さじ2/3

Home gray@3x

ご飯

適量

イタリアンパセリ

1g程度

生クリーム

30cc(残り70ccはディップで使用)

季節野菜のアンチョビクリームディップ

6872c289 93a2 482f 9011 bd4361bc478d

ディップ用7種の季節野菜

-

<アンチョビクリームの材料>

-

アンチョビ

10g

生クリーム

70cc(残り30ccはカレーで使用)

にんにく

5g(1片程度)  

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

調理方法

〜アメリケーヌのクリームカレーの準備をします〜

下準備

エビは尾を残して頭と殻をむき、背中に切り込みを入れ、背わたを取る。片栗粉...続きを読む