豚ヒレ肉のカダイフ包み焼きアンチョビクリーム ウスターソース&レーズン入り人参ラペ

Clock w@3x

40min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium f378a771 0773 498a bf92 8130a4fe7df9
Medium 5fff454c cb84 4ac1 9fc4 62d83d6252dd
Medium b8447042 7873 4a84 83dd 029b101aa0af
F378a771 0773 498a bf92 8130a4fe7df9
5fff454c cb84 4ac1 9fc4 62d83d6252dd
B8447042 7873 4a84 83dd 029b101aa0af
F378a771 0773 498a bf92 8130a4fe7df9
5fff454c cb84 4ac1 9fc4 62d83d6252dd
B8447042 7873 4a84 83dd 029b101aa0af

豚ヒレ肉のカダイフ包み焼きアンチョビクリーム ウスターソース&レーズン入り人参ラペ

Clock w@3x

40min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

カダイフという極細の麺状の生地を豚のヒレ肉に巻いて焼き上げた、周りはパリッと中はロゼ色にそしてジューシーに仕上げた洋風トンカツです。トンカツ好きの土切シェフがフランス料理風にアレンジしました。元々柔らかいフィレ肉を叩いて伸ばすことはせず厚切りでローストするのがポイント。合わせるのはクミンとコリアンダーのスパイスが効いた、本格的な人参のラペ。中に入ったレーズンの甘みが、ラペのビネガーの酸味とマッチして深い味わいを楽しめます。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

8693b10d 81d5 4433 af50 5f4a1c027ac8

土切 祥正

コントワール ミサゴ / フレンチシェフ

「コントワール ミサゴ」オーナーシェフ。1976年静岡県生まれ。高校卒業後「下高井戸旭鮨総本店」に入社。その後、西麻布「レリノス」等を経て、北海道のオーベルジュ「ヘイゼルグラウスマナー」で働いた後、「ブラッスリーマノワ」に立ち上げから携わり4年間勤務。2010年8月に東京西麻布にて「コントワール ミサゴ」をオープン。料理の修業は鮨屋から始まりカリフォルニア料理やフランス料理等で幅広く研鑽を積み、コントワールミサゴでは、日本全国からシェフの厳選した食材をベースにした本格的な料理を提供しています。

Ingredients ― お送りする食材リスト

豚ヒレ肉のカダイフ包み焼き

5fff454c cb84 4ac1 9fc4 62d83d6252dd

豚ヒレ肉

200g

Home gray@3x

適量

Home gray@3x

胡椒

適量

カダイフ

50g

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

<ソース(アンチョビクリーム&とんかつソース)の材料>

-

にんにく

5g(1かけら程度)

アンチョビ

10g 

生クリーム

1本(100ml)

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1.5

水溶き片栗粉

大さじ1(片栗粉;1/3袋(小さじ1)+水:大さじ1)

とんかつソース

2袋(20g)

<付け合わせ野菜>

-

ラディッシュ

2個

ベビーリーフ

20g

 レーズン入り人参のラペ

B8447042 7873 4a84 83dd 029b101aa0af

人参

1本

クミン(パウダー)

0.5g

コリアンダー(パウダー)

0.5g

パセリ

2g程度

白ワインビネガー

15ml(大さじ1)

レーズン

20g

Home gray@3x

胡椒(あれば白胡椒)

ひとつまみ

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

Home gray@3x

小さじ1/2

Home gray@3x

砂糖

小さじ1  

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

※人参のラペで千切りスライサー推奨

調理方法

〜人参のラペを準備します〜

塩(小さじ1/2)と砂糖(小さじ1)を混ぜ合わせ塩砂糖を作る。

人参の皮を剥き、スライサーで千切りにして、ボウルに入れる。

point

スライサーがない場合は、包丁で細く千切りにしてください。

C3ca5dc3 f3b5 4674 a43b 5b11531c91c7

パセリをみじん切りにする。

B0f313e2 c253 4ddd ab99 de54460c75c0

塩砂糖(小さじ1のみ)を人参のボウルに入れて、よく混ぜる。10分程置き、しんなりさせる。

point

塩砂糖の残りは最後の味の調整で使います。

D78add24 3f29 4389 908b 3e5469722b33
〜豚ヒレ肉のカダイフ巻を作ります〜

豚ヒレ肉を細長く半分に切り、両面に塩・胡椒(分量外)を振る。10分程置き、常温に戻す。

point

肉を常温に戻すことで、中まで綺麗に火が入るようになります。

D1375f58 184b 409e a002 298f176056b6

カダイフを豚ヒレ肉の幅に合わせ平らに伸ばし、豚ヒレ肉をくるくる巻きつける。カダイフの衣が取れないように最後しっかり巻きつける。

point

しっかり巻きつけることで豚ヒレ肉との一体感が生まれます。

B11ff967 57cf 4312 8aa7 8372dec5a838 9968554f 33a9 4312 b7ec 6a5abd890cec 22a0a6b2 36d8 4402 9127 788fb6864473

ラディッシュの葉を切り落とし、皮がついたまま薄くスライスする。

にんにくをみじん切りにする。

E92301cc 8145 4cd3 8d7e 27d53dee9929

オーブンを200度に予熱する。

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を入れ、カダイフを巻いた豚ヒレ肉の表面に弱火で四面焼き色をつける。(目安:各2〜3分ずつ)

point

焼く時に、オイルの温度が高すぎるとカダイフが焦げるので、オイルが少し温まったくらいでじっくり焼き色をつけてください。

C3ce80a7 f92c 4796 9121 f5d2d7edd727 5ad1e70c e991 4073 8a41 8cf74c230337

その後フライパンから取り出し、200度のオーブンで6分程度焼き、温かいところで3分程休ませる。

point

オーブンで焼く際、網の上に乗せて焼くと全面がパリッと仕上がります。

point

オーブンがない場合には、カダイフが焦げないように焼く面を変えながら弱中火で8分程焼き、温かいところで3分程休ませる。

99a09e3d 8245 46b7 8c5e 1c64acd8e254

■アンチョビソースを作る

豚ヒレ肉を焼いたフライパンの汚れをペーパーで拭き取り、オリーブオイル(大さじ1.5)と刻んだにんにくとアンチョビを入れ、木べらなどでアンチョビを崩しながら、弱火で火を入れる。にんにくが軽く色づいたら、生クリーム(1本)を入れて一煮立させる。

29bce05c 8964 44d4 9c38 0d1947818502 9d1f2105 2c3b 4729 a779 5e69ec13561e

その後一度火から外し、水溶き片栗粉(片栗粉:1/3袋+水:大さじ1)を加えてよく混ぜ、再度火にかけて混ぜながらとろみをつけてアンチョビソースを作る。

片栗粉の使用は1/3のみです。残りはご自由にご利用ください。

point

水溶き片栗粉を入れ過ぎた場合は 水で伸ばしてください。

470bd519 9da3 4b79 91bd aea946ffa4b6
〜人参のラペを完成させます〜

10分経ち、人参がしんなりしたら以下の食材を入れる。

2da3a1b9 cd96 45de 8b3c 0fb59f11d6e2

クミン(パウダー)

0.5g

コリアンダー(パウダー)

0.5g

パセリ

-

白ワインビネガー

15ml

レーズン

20g

Home gray@3x

胡椒(あれば白胡椒)

ひとつまみ

味をみて、お好みで残りの塩砂糖で味を整え、オリーブオイルオイル(大さじ2)を入れよく混ぜて完成。

point

サラダと和える、豚バラ肉を巻いて焼けばお弁当のおかずに。ラペを使った簡単アレンジもおすすめです。

58c1da87 3e07 438c bc5a ad308fc6b519 9e03665f fd05 4f0f 8c4b 0d9c48af0f4a
〜豚ヒレ肉のカダイフ巻を完成させます〜

カダイフを巻いた豚ヒレ肉を、食べやすい大きさに切る(目安2cm幅位)

point

もし火の入りがあまい場合は、もう一度オーブンに入れてください。

お皿にアンチョビソースをしき、その上に豚ヒレ肉を乗せ、横にベビーリーフとラディッシュを盛り付ける。アンチョビソースの周りにアクセントのとんかつソースをかけて完成。

7dbb6aec 093c 4587 bd70 87cd448d9f0c