豚の焼しゃぶしゃぶ〜葱味噌添え〜&切り昆布と野菜のトロトロ和え

Clock w@3x

135min

Stars1@3x

簡単

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

※副菜の「切り昆布と野菜のトロトロ和え」は、粘り気を出すために2時間〜1晩程度寝かせることを推奨しております。 ※調理時間は、寝かせる時間も含まれています。

Medium 7e2c4513 7e1a 4a90 9117 6bf6e1c227d2
Medium 20514e5c ac28 4b28 8027 58fcf42fbcd5
Medium 8e6ba164 ca65 45e2 bf68 239363d1bd2b
7e2c4513 7e1a 4a90 9117 6bf6e1c227d2
20514e5c ac28 4b28 8027 58fcf42fbcd5
8e6ba164 ca65 45e2 bf68 239363d1bd2b
7e2c4513 7e1a 4a90 9117 6bf6e1c227d2
20514e5c ac28 4b28 8027 58fcf42fbcd5
8e6ba164 ca65 45e2 bf68 239363d1bd2b

豚の焼しゃぶしゃぶ〜葱味噌添え〜&切り昆布と野菜のトロトロ和え

Clock w@3x

135min

Stars1@3x

簡単

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

※副菜の「切り昆布と野菜のトロトロ和え」は、粘り気を出すために2時間〜1晩程度寝かせることを推奨しております。 ※調理時間は、寝かせる時間も含まれています。

About this recipe ― このレシピについて

夏バテ気味の時に、豚肉のビタミンEの摂取とツルツルと食べられる昆布と野菜でさっぱりと涼しげなセットです。しゃぶしゃぶ用の豚肉と彩り豊かな野菜を焼いて旨味を凝縮して、何にでも合う万能で濃厚な葱味噌たれで召し上がって頂きます。副菜はオクラ、えのき茸、胡瓜、谷中生姜、茗荷、長芋と6種類の夏野菜と切り昆布を合わせて寝かせた、トロトロした食感と味わいが楽しめます。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

9e9e8b8e 4d59 4c94 832b 845517c2d0f7

杉本 修一

銀座 杉もと / 日本料理シェフ

日本料理店「銀座 杉もと」の店主。1965年東京都小金井市に寿司屋の長男として生まれ、1980年15歳で料理の道に入る。原宿「天ぷら割烹 中田」、ホテルニューオータニ「日本料理 慶屋」等での修行の後、赤坂の料亭、横浜ホテルニューグランド日本料理の料理長を経て2005年「杉もと」をオープン。全国各地から取り寄せる新鮮な食材を使用して、王道の和食をベースに伝統を守りつつ、独創的で五感で楽しめる料理を提供する。

Ingredients ― お送りする食材リスト

豚の焼しゃぶしゃぶ 葱味噌和え

20514e5c ac28 4b28 8027 58fcf42fbcd5

豚ロース

200g

Home gray@3x

ブラックペッパー

適量

Home gray@3x

サラダ油

大さじ1

舞茸

1/2株

白菜

100g

茄子

1本

ピーマン

1個

赤ピーマン

1個

Home gray@3x

サラダ油

大さじ3

<葱味噌の材料>

-

長葱

2/3本

白味噌

40g

西京味噌

40g

Home gray@3x

砂糖

大さじ1.5

Home gray@3x

味醂

10ml

切り昆布と野菜のトロトロ

8e6ba164 ca65 45e2 bf68 239363d1bd2b

オクラ

3本

Home gray@3x

小さじ1

えのき茸

1パック(200g)

胡瓜

1/2本

谷中生姜

2本 (実際に使うのは先の部分だけ)

茗荷

2個

長芋

80g  

切り昆布

8g

Home gray@3x

120cc

Home gray@3x

醤油

小さじ2

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

調理方法

〜野菜のトロトロを作ります〜

point

寝かせると美味しいので、一晩前から作るのがオススメです。

鍋にお湯を沸かし、石づきをきったえのき茸(1パック)をさっと茹でて水にとり、ザルで水気を切る。

point

沸騰したところに入れ、再度沸騰したら取り出す目安です。

054deff6 8602 4555 8711 97764b24c892

オクラ(3本)の薄い毛をとるために塩(小さじ1)でこする。その後水で洗い、小口切りにする。

point

これをすると、湯通ししなくても青臭さがなくなります。

9469767d c8a3 4e4c a3ef 88821a6a8a0f 8c6ce318 e65c 4598 be84 6ceda80c15a4

胡瓜(1/2本)は縦に切り、中央のタネを切りとって、千切りにする。

谷中生姜(2個)、茗荷(2個)、長芋(80g)も千切りにする。

point

谷中生姜は先の部分のみ使います。緑色の茎の部分は固いので食べれません。

Aad09c0a 741b 493c 8d33 ae1fccb8af61

ボウルに切った野菜、切り昆布(8g)、水(120cc)、醤油(小さじ2)で味付けする。

ラップをして、冷蔵庫に2時間〜ひと晩置く。

point

昆布と野菜の味が馴染んで、トロトロ、ツルツルとした食感になります。

point

そのまま食べても良いし、稲庭うどんや蕎麦などにかける。また温かいご飯に、焼き海苔と一緒にかけて食べるのもオススメです。

E4746618 f521 4929 8543 275662c52256 38036248 7329 42f3 b3cf f6b22ea1d97e 1c2b573a e59a 4131 8205 91dc584d3867
〜焼きしゃぶの準備と葱味噌を作ります〜

茄子(1本)はヘタを取り、縦に8等分に切る。

ピーマン(緑・赤それぞれ1個)はそれぞれヘタと中のタネを取り、縦に細切りにする。

白菜(100g)は2~3センチ幅のそぎ切りにする。

1b22b583 4abf 434f b206 ad7f6065c989

葱味噌用に長葱(2/3本)をみじん切りにする。

840fd471 8251 481e 890c be03c3f354b6
■葱味噌を作る

材料をボウルに入れて、混ぜ合わせる。

point

白味噌と西京味噌は一つのカップに入れてお送りしています。

point

冷蔵庫に入れておくと、1週間くらいは保存が出来ます。

point

味噌によって色々な味わいを楽しむことが出来ますので、種類を変えて作ってみてください。 

5f2086af 174c 4a50 ae35 06169fb3a572
〜焼きしゃぶを焼いて仕上げます〜

フライパンにサラダ油(大さじ3)を入れ、まずは舞茸を入れて少し焼き色がつくまで炒める。

point

火の通りにくい順番に野菜を入れていきます。

96d4d04a 893c 4052 a129 77d526787f37

次に茄子を入れ、これも焼き色がつくまで炒める。

C6de4d11 2823 4a73 ac6d e9a14ad21b3a

次に白菜を入れ、塩(ひとつまみ)と胡椒(適量)を入れてさらに炒める。

point

白菜は他の野菜より味が薄いので、塩で軽く下味をつけるのと、しんなりさせる役割です。

D24d86d7 eee8 492c 8b71 027f22b588a2

最後にピーマンとサラダ油(小さじ2)を加え、さっと炒めてお皿に盛り付ける。

4c9e39a6 374b 4217 aa6a c8e73ad239e1 01c95431 673b 4442 b897 af8665bd324b

フライパンにサラダ油(大さじ2)を入れ、中火で全体に軽く焼き色がつくまで焼く。最後にブラックペッパー(適量)をふりかける。

03eae89a 7d41 4aca 840c 27cb9836b61a 7e25d4a3 b6e8 4b50 8fa9 8bb34c8a6949

野菜をのせたお皿に、焼いた肉も盛り付けて完成。

point

葱味噌はお好みの量をつけてお召し上がりください。

Cb4519dd 1312 4458 88ec b108e8493e74

point

葱味噌はお肉の他にも、焼いたり茹でた魚にもよく合います。