豚肉のソテー〜シャルキュティエール風〜&インゲンのポーチドエッグ添え

Clock w@3x

45min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium 0511e9c4 aadb 48f0 8854 2e389daf971a
Medium 8e3a3cb4 8c0d 47f3 88ad 1d65316e494e
Medium cea601ba 75fd 4169 b202 837d4f0ee76e
0511e9c4 aadb 48f0 8854 2e389daf971a
8e3a3cb4 8c0d 47f3 88ad 1d65316e494e
Cea601ba 75fd 4169 b202 837d4f0ee76e
0511e9c4 aadb 48f0 8854 2e389daf971a
8e3a3cb4 8c0d 47f3 88ad 1d65316e494e
Cea601ba 75fd 4169 b202 837d4f0ee76e

豚肉のソテー〜シャルキュティエール風〜&インゲンのポーチドエッグ添え

Clock w@3x

45min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

豚肉のシャルキュティエール風は、ピクルスの食感とマスタードの酸味がポイント!残った旨味たっぷりのソースをバターライスにからめて食べると余すこと無く一皿を堪能できます。サラダはシャキシャキっとしたインゲンとカリカリベーコンがアクセント。ポーチドエッグをつぶしてインゲンにからめると贅沢な味わいが楽しめます。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

27a424aa 4854 4d06 b084 58a5786bab5c

石井 剛

モノリス / フレンチシェフ

フレンチレストラン『モノリス』料理長。辻調フランス校卒業後、レストランアテスエにて修行。'98年に渡仏、ジョルジュ・プラン、ジャンバルデ、ベルナール・ロバン等にて4年間に渡り修行。帰国後はレストランモナリザ丸の内入店、'05年に同店料理長に就任。2008年から3年連続でミシュラン一つ星を獲得。ル・テタンジェコンクール・ジャポン'08・'09年において二年連続準優勝し、現在はル・テタンジェコンクール・ジャポンの審査員に就任。CXドラマ:「問題のあるレストラン」、「Chef~三ツ星の給食~」の料理監修及び調理技術指導を務める。

Ingredients ― お送りする食材リスト

豚肉のソテー シャルキュティエール風

8e3a3cb4 8c0d 47f3 88ad 1d65316e494e

豚ロース肉

100g×2枚

薄力粉

1袋(10g)

Home gray@3x

塩胡椒

適量

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1/2

<ソースの材料>

-

玉ねぎ

2/3個

ピクルス(コルニション)

25g

フォンドヴォー

1本(30g)

Home gray@3x

お湯

120ml

チキンブイヨン

1/3本(2g)

ディジョンマスタード

12g (大さじ1)※副菜と合わせてお送りしています。

白ワイン

50ml

イタリアンパセリ

2g程度

<バターライスの材料>

-

Home gray@3x

米(無洗米)

2合

※無洗米がなければ普通の米でも可。

-

Home gray@3x

300ml

チキンブイヨン

2/3本(4g)

Home gray@3x

小さじ1/2弱

Home gray@3x

胡椒

少々

バター

2個(16g)

玉ねぎ

1/3個

Home gray@3x

サラダ油

適量

インゲンとベーコンのサラダ、ポーチドエッグ添え

Cea601ba 75fd 4169 b202 837d4f0ee76e

インゲン

120g

スライスベーコン

2袋

エシャロット

20g

ミニトマト

3個

パルメザンチーズ

1袋(7g)

Home gray@3x

オリーブオイル

適量

Home gray@3x

塩胡椒

適量

<ドレッシングの材料>

-

白ワインビネガー

10ml(小さじ2)

ディジョンマスタード

4g(小さじ1)※主菜と合わせてお送りしています。

Home gray@3x

サラダ油

大さじ1と1/3

Home gray@3x

小さじ1/3

Home gray@3x

胡椒

少々

Home gray@3x

黒胡椒

少々

<ポーチドエッグの材料>

-

2個

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

小さじ1

Home gray@3x

お湯

適量

Home gray@3x

氷水

適量

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

調理方法

〜まずはバターライスを作ります〜

玉ねぎ(1/3個)をみじん切りにし、フライパンにサラダ油(適量)を入れ、しんなりするまでソテーする。

1cae00df aa58 408d 9768 7a770d13dfbb

米(2合)を炊飯器に入れ、塩(2g:小さじ1/2弱)、胡椒(少々)、チキンブイヨン(2/3本)、水(300ml)、バター(2個)、ソテーした玉ねぎをいれ炊く。 

405d07a1 2932 4367 a7c5 517a960aecf6

玉ねぎはまとめて1個、チキンブイヨンはまとめて1本でお送りしています。

〜サラダと豚肉のソテーの下準備をします〜 

・ポーチドエッグを作る

あまり深すぎない鍋にお湯を沸かし、塩(ひとつまみ)、酢(小さじ1)を入れる。

カップか小さいボウルに卵を割り入れる。さっとひと回しして対流させたお湯に卵を入れ、3〜4分弱火で茹でる。

6845d5c7 3b30 43d3 ae81 ecd08c31baec 491b9da8 2dae 4436 a2e8 6d2004f9ce8d

卵を氷水に入れ、火の入り過ぎを防ぐ。ペーパーを敷いたバットに卵を置き、水気をよく切る。

Fdd34fd1 db6f 4337 8d8f 028021c99b79

インゲンの両端の固い部分を切り、お好みの固さに塩茹でする。(目安:2〜3分) 氷水に茹でたインゲンを入れ、水気をよく切る。長さを3等分に切る。

1ac61cc7 ed47 45a5 af33 f834cc8a043f

エシャロットをみじん切り、ベーコンを1cm角、ミニトマトを半分に切る。

B9ef0609 9c95 420f 8e81 d70b5cb9ad68

玉ねぎ(2/3個)を薄めにスライスする。(目安:2〜3mm程度) ピクルス(25g)を輪切りのスライスする。(目安:2〜3mm程度) イタリアンパセリを1本分残して、残りを粗みじん切りする。もう1本は飾りに使います。

A1f54486 3ebf 42fc 855b ae48edcc129c

豚肉の両面に塩胡椒(適量)をして、薄力粉(1袋)をまぶし、余分な粉をはたく。

D9c63804 2934 4fd3 b49b 91a0e121bd61

お湯(120ml)にチキンブイヨン(1/3本)を溶かす。

〜インゲンのサラダを作ります〜

ボウルに白ワインビネガー(10ml)、マスタード(送付量の1/4:4g)、塩(小さじ1/3)、 胡椒(少々)を混ぜ、糸をたらすように少しずつサラダ油(大さじ1と1/3)を入れてよく混ぜる。

マスタードは主菜と合わせてお送りしています。

point

油を一気に入れると分離してしまうので、少しづつ入れましょう。

C6549772 527c 42a9 8671 945bcc396918 4ae07077 911e 468e b3f2 64c5ff436f8a

インゲンとエシャロットのみじん切りをボウルに入れ軽く和える。

278b2056 0544 4f0c 993f e74f0840246f

フライパンにオリーブオイル(適量)を入れ、 中火でベーコンをカリッとするまでソテーする。

De6af926 1915 45ce 969b 8145347e9c24

ベーコンが温かいうちに、インゲンが入ったボウルにベーコンを加え和える。(同時に焼き油も一緒に入れてください)

D8bfa127 2007 4d57 9638 89a8b7303721

皿に盛り付け、ポーチドエッグを上に乗せる。ポーチドエッグに塩胡椒(適量)をして、 半分に切ったミニトマトを乗せ、上からパルメザンチーズ(1袋)をふる。

黒胡椒(適量)を振りかけ完成。

point

ポーチドエッグをくずし、インゲンにからめてお召し上がりください。

5f879e34 9a90 4626 aa4a 65e29cd0376b 1f138e8a d765 4933 a6e5 76330f3f1ba9
〜豚肉のソテーを焼きます〜

フライパンにオリーブオイル(大さじ1/2)を入れ、中火で豚肉を両面色付く程度にソテーして一度取り出す。(目安:片面2〜3分程度)

point

後から煮るので、この時点で完全に火を入れる必要はありません。

8c243f10 a9c4 4435 957b 4974add7a52a

豚肉をソテーしたフライパンに玉ねぎをいれ、じっくり透き通るまでソテーする。

2d4ea08c 1cb2 4586 a5da f6c93647071b

白ワイン(50ml)を加え、1/3くらいになるまで煮詰める。フォンドヴォー(1本)、チキンブイヨンを溶かしたお湯(120ml)、スライスしたピクルスを加えひと煮立ちさせる。

5020abe2 34a6 48d0 969b cc341971e244 F86407dd 74c1 4253 b9e5 750bfe985db6

豚肉をフライパンに戻し1分30秒ほど一緒に煮る。

point

2〜3回豚肉をひっくり返しながら煮てください。

Ca58bc1f 041a 404e 92bb 3f1b7d2f5bf7 Dffcdc3b d0fd 46b3 b2fe 804674f84164

豚肉をバットなどに取り出しフライパンに残ったソースに、マスタード(送付量の3/4:12g)を加え、よく溶かし込む。

6d9d6d82 3fb3 47dc aa0b f8c73f1c3d27

マスタードは副菜と合わせてお送りしています。

お皿にバターライスを盛り付け、手前に豚肉をのせ、ソースをかける。粗みじん切りにしたイタリアンパセリを振りかける。1本分はそのまま飾る。

point

盛り付けの際、バターライスにソースを少量かけるとより美味しくなります。

5ad812e7 dd16 47b7 9dc0 876ad0c53402