鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード&長ねぎとペンネのアラクレーム

Clock w@3x

60min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium bb4c9163 6ccc 46df 9df3 195939097892
Medium 561072cf 2509 4b30 9258 930ec7e52b01
Medium 2666c120 6422 460b 84ae 667fce038c76
Bb4c9163 6ccc 46df 9df3 195939097892
561072cf 2509 4b30 9258 930ec7e52b01
2666c120 6422 460b 84ae 667fce038c76
Bb4c9163 6ccc 46df 9df3 195939097892
561072cf 2509 4b30 9258 930ec7e52b01
2666c120 6422 460b 84ae 667fce038c76

鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード&長ねぎとペンネのアラクレーム

Clock w@3x

60min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

 

 

Cooking description

- 料理説明 -

 

フライパンとアルミホイルだけで、鴨肉をしっとりと焼き上げる方法をご紹介いたします。

鴨肉を焼いた後にしっかりと休ませてあげる事で、レストランで食べるような綺麗なロゼ色に焼きあがります。鴨の旨味とピリッとしたゴボウの赤ワイン煮の組み合わせをお楽しみください。

副菜は長ねぎ、クリーム、チーズと使用している素材はとてもシンプルですが、その組み合わせの妙が、旨さを何倍にも引き上げています。日本で馴染み深い食材をフランス定番のクリーム煮で仕立てたパスタをご家庭でお楽しみください。

 

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

15ab97b2 378a 4cf3 a139 184e2690290b

成田 寛

NonTitle(ノン タイトル) / フレンチシェフ

幼少時、「料理の鉄人」を観て、料理人を志す。光塩学園調理製菓専門学校を卒業後、金沢で料理の基礎を学び、地元札幌のレストラン「Le Musee」でセカンドシェフとして現代フレンチを学ぶ。 2010年に渡仏し、「Passage 53」でセクションシェフ(前菜、付け合せ、キュイソン)としてガストロノミーと最高の火入れを学ぶ。フランスで日本人初の二ツ星昇格の瞬間に立ち会うことができる。 2011年、二ツ星レストラン「Jean Francois Piege」から声が掛かりセクションシェフ(前菜、キュイソン、付け合せ)として勤務。 帰国後、代官山某イタリアンの総料理長を経て、2013年より中目黒「Cuisine Francaise NARITAYUTAKA」を運営。 2019年4月、日本初の会員制カクテルペアリング 専門店「NonTitle」をオープン。

Ingredients ― お送りする食材リスト

鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラード

561072cf 2509 4b30 9258 930ec7e52b01

鴨胸肉

1枚

Home gray@3x

肉の重さの1.5%

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

ごぼう

60g程度

チンゲン菜

1株

赤ワイン

80ml

赤ワインビネガー

30ml

Home gray@3x

砂糖

20g

Home gray@3x

適量

バター

1個(8g)

Home gray@3x

胡椒

小さじ1

Home gray@3x

小さじ1/6

長ねぎとペンネのアラクレーム

2666c120 6422 460b 84ae 667fce038c76

長ねぎ

1本

ペンネ

60g

Home gray@3x

ペンネを茹でる塩

お湯に対して1%

生クリーム

80ml

チキンブイヨン

1本

Home gray@3x

300ml

パルメザンチーズ

3袋

Home gray@3x

小さじ1/3

Home gray@3x

胡椒

適量

にんにく

1片(5g程度)

唐辛子

1本

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

調理方法

【配送されたお野菜について】

食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。

野菜は全て洗ってご使用ください。

【食材の配送について】

品質・安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける) ことができないものがございます。

ex. 生クリーム , 牛乳 etc....

鴨胸肉のロースト の下準備をします。

・鴨肉は塩(肉の重さの1.5%)をして、室温で1時間ほど置いておく。

・ごぼうは縦半分にし、5cm程度の長さにカットする。

point

太い場合は、縦1/4にカットしてください。

・チンゲン菜は縦半分にカットし、お湯でサッと茹でておく。

F8d1b95a 327a 444f a219 c62e768713a5
ペンネのアラクレームの下準備をします。

・にんにくをスライスする。

・ねぎは白い部分を1㎝程度にカットし、緑の部分は薄くスライスしておく。

3036b02d 7921 489d a279 6b79ea7f935b

・チキンブイヨン(1本)を水(300ml)に溶かしておく。

point

チキンブイヨンは60mlのみ使用します。

・水に対して1%の塩を入れ、お湯を沸かしておく。

鴨胸肉のローストを作ります。

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひき、皮目を下にして鴨肉を入れ、こんがりと薄いきつね色になるまで中火で焼く。

point

フライパンを熱さずに低温からじっくり焼くことで、鴨肉の余分な脂が出てさっぱりと仕上がります。

point

皮目の焼き時間の目安は、3分程度です。

Df5031ef 2c0f 491f 8d11 b430e6dcbcce 7eeeed06 279f 47e7 9d2d 7da8deffdbf2

鴨肉をひっくり返し身の方にも軽く焼き色をつけ、もう一度ひっくり返し、皮目を下にする。蓋をして、ごく弱火で5分ほど火を通す。

point

身の焼き加減の目安は、赤い所がなくなる程度です。

788271be 99f3 42b2 9123 e589b3cd74a3 Ec3515a9 201d 488c 8040 9ffa3454fd6f

焼きあがったら、皮目を下にしてアルミホイルで包み、温かいところで休ませておく。

point

竹串か金串を鴨肉に5秒程度刺してから抜き、串が温かくなっていれば問題ありません。冷たい場合はフライパンに蓋をして、ごく弱火で数分加熱してください。

point

鴨肉をアルミホイルで包む際は、皮目を下にして包みます。包んだら、身の方を下にして休ませてください。

火通しについて詳しく確認したい方は、下記をご確認ください。

Bbed4b30 7e0e 46bf 8c7b 6edee4bc9343 0e4741f0 5c72 4287 a84c 6053b722062b

鍋に砂糖(20g)と水(数滴)を加え、カラメル色になるまで火にかける。

point

水は、砂糖が溶ける程度の分量で問題ありません。

5fe65389 fd6d 4218 ac50 c17e9f275019 828963a7 67aa 4cdd b4f8 9d674be436d2

砂糖がカラメル色になったら火を止め、胡椒(小さじ1)、赤ワインビネガー(30ml)、バター(1個)、ごぼう、塩(小さじ1/6)の順に加えて絡める。

point

カラメルは焦げやすいです。軽く茶色くなってきたら火を止め、ビネガーを加えて鍋の中の温度を下げ、焦げるのを防いでください。

59739140 9529 4a73 ac14 c367a7975a55

ごぼうにソースがしっかり絡んだら、赤ワイン(80ml)を加えて蓋をし、弱火で水分が少なくなるまで煮詰める。

E913fb11 a980 43dd b210 e701561b2737 763efe03 d47c 4142 af73 5247a4138e88

ソースに軽く濃度がつき、ごぼうが柔らかくなったらソースの完成です。

Ff394fbc e250 4647 8763 cc4c8c1f73bd
ペンネのアラクレームを作ります。

沸いたお湯にペンネを入れ、表示時間より2分早めにあげる。

point

パスタを少し早くあげることによって、水分の入る余地を残し、その分ソースを良く吸わせることで、風味が増します。このひと工夫で、レストランのような仕上がりになります。

1d8c075b 88fa 40de 96d5 d0d409eeb9c5

鍋にオリーブオイル(大さじ1)、にんにく、唐辛子を入れ弱火にかけ、香りを出す。

314e99b7 5856 4a48 8f40 9366d5b42550 911388b0 925e 4f55 9cf6 99cf6becb5bd

にんにくが色づき始めたら、ねぎ(白い部分)とチキンブイヨン(60ml)を入れる。

point

チキンブイヨンは60mlのみ使用します。全量使用しないよう注意してください。

point

弱火でねぎがクタっとなるまで加熱してください。(目安:4分程度)

37add7c1 e4b2 4851 a2cf c75c48318d15 57fde761 b094 483b aa94 2bb7bc91f257

沸騰したら生クリーム(80ml)、ねぎ(青い部分)を加え、軽くひと煮立ちさせる。

7471864a f826 4d46 a6c1 6f6690a4f419

ひと煮立ちしたらペンネを入れ、塩(小さじ1/3)、胡椒(適量)で味を調え、ペンネが好みの硬さになるまで火にかける。

point

生クリームが冷たい状態でペンネを入れると固まってしまうため、温まったところに入れてください。

point

煮詰まってしまったら、水を足して濃度を調整してください。

29302075 9303 4b8a b818 7e1d2b5d93b4
メイン‐3. 鴨胸肉のロースト ごぼうのポワブラードを仕上げます。

フライパンに油をひかずに、鴨肉の皮目を中火で30秒ほど焼く。

point

アルミホイルに肉汁が残るので、捨てずにとっておいてください。

B2638ab5 21de 4b87 a273 b965cf1498af

鴨肉を食べやすい大きさにスライスする。

point

厚さ5㎜程度にカットするのがオススメです。

3f2f535b 3f13 429f a408 97b3c0be2037

皿に鴨肉、ごぼう、チンゲン菜を盛りつける。

ソースに鴨肉の肉汁を少し加え、温めてから鴨肉にかけ、完成。

6aa4015b e2bd 487e ade4 2081902e68c7
サイド‐3. 長ネギとペンネのアラクレームを仕上げます。

ソースに軽く濃度が付いた状態で火を消し、パルメザンチーズ(適量)を加える。

point

パルメザンチーズは、お好みの量に調節してご使用ください。

2d6740a2 b225 40aa 8f87 1558e395f95b B219a3a9 7949 41df bb8f 0e56e59143f4

皿に盛り付け、完成。

8dbe4963 e868 403b 99ce d277a864ad25