鶏団子 きのこの餡かけ&根菜の焼きびたし

Clock w@3x

50min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium 68f0b4ca 8c0d 4f49 babd 7e43f66a8710
Medium c76bb767 3339 48f2 870a 4d5ed9ffbc1c
Medium 39b9f3c8 7deb 4483 b2dc 6eab1c59b449
68f0b4ca 8c0d 4f49 babd 7e43f66a8710
C76bb767 3339 48f2 870a 4d5ed9ffbc1c
39b9f3c8 7deb 4483 b2dc 6eab1c59b449
68f0b4ca 8c0d 4f49 babd 7e43f66a8710
C76bb767 3339 48f2 870a 4d5ed9ffbc1c
39b9f3c8 7deb 4483 b2dc 6eab1c59b449

鶏団子 きのこの餡かけ&根菜の焼きびたし

Clock w@3x

50min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

鶏団子は、みじん切りの玉ねぎを多めに入れる事で、フワフワな食感になります。
鶏の出汁で作る数種類のきのこの餡は、旨味が増して、ほっとする味わいです。
副菜の根菜の焼き浸しは、お野菜にしっかり味が染みて、シンプルながらも野菜そのものの味を楽しめる一品です。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

92e8d771 4a54 4d1d a8ca 8b23fee6a846

中山 幸三

幸せ三昧 / 日本料理シェフ

広尾「幸せ三昧」オーナーシェフ。27才のときに、笠原将弘(現「賛否両論」店主)と出会い、グラフィックデザイナーから、料理人へと転身。笠原将弘の一番弟子として5年間修行を積み、2009年に独立後「幸せ三昧」をオープン。店のコンセプトは大人の居酒屋で、正統派の和食フルコースを、居酒屋感覚で楽しめる。

Ingredients ― お送りする食材リスト

鶏団子 きのこの餡かけ

C76bb767 3339 48f2 870a 4d5ed9ffbc1c

鶏ももひき肉

250g

玉ねぎ

1個

1個

※半量使用します。残りはご自由にお使いください。

-

薄口醤油

20ml

片栗粉

1袋(10g)

Home gray@3x

30ml

しいたけ

3個

しめじ

50g程度

舞茸

50g程度

エリンギ

50g程度

万能ねぎ

2本

七味唐辛子

1袋

~Aの調味料~

-

Home gray@3x

醤油

大さじ1/2

Home gray@3x

砂糖

大さじ1/2

Home gray@3x

小さじ1/2

片栗粉

1袋(10g)

根菜の焼きびたし

39b9f3c8 7deb 4483 b2dc 6eab1c59b449

長芋

100g程度

かぼちゃ

70g程度

レンコン

100g程度

ししとう

6本

Home gray@3x

サラダ油

大さじ1/2

出汁パック(しののめムード)

2袋

薄口醤油

50ml

Home gray@3x

みりん

50ml

Home gray@3x

30ml

鰹節

2袋(5g)

柚子胡椒

1袋

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

フードプロセッサー

調理方法

【配送されたお野菜について】

食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。

野菜は全て洗ってご使用ください。

【1】下準備

主菜1. 鶏団子 きのこの餡かけの下準備をします。

副菜1. 根菜の焼きびたしの下準備をします。

【2】調理工程

主菜2. 鶏団子 きのこの餡かけを作ります。

副菜2. 根菜の焼きびたしを完成させます。

【3】仕上げ

主菜3. 鶏団子 きのこの餡かけを完成させます。

副菜3. 根菜の焼きびたしを作ります。

副菜1. 根菜の焼きびたしの下準備をします。

長芋とレンコンは皮をむき、厚さ8㎜程度の半月切りにする。

かぼちゃは、まだらに皮をむいて食べやすい大きさに切る。

ししとうはヘタを切り、真ん中に1ヶ所包丁で穴をあける。

B9f86ea6 af38 41af aa10 0e924572e86a

水500mlに出汁パック(2袋)を入れて5分程度煮だす。

Ae755d3a 082e 4432 91f7 0671e6f42d4f
主菜1. 鶏団子 きのこの餡かけの下準備をします。

玉ねぎをフードプロセッサーにかけ細かくし、ザルで水を切る。

point

フードプロセッサーがない方は、細かくみじん切りするか、おろし金などですりおろしてください。

きのこ類は一口サイズの大きさに切る。

万能ねぎを小口切りにする。

4315f065 8a6a 4890 a0fd b27ee6975c2a

鍋に1Lの水と、塩(小さじ1/2)を加え沸騰させる。

11d16943 9c5c 4f0c 9a66 25834a9ffe6b

point

火口が足りない方は、この後お肉を練る前に沸かして下さい。

副菜2. 根菜の焼きびたしを作ります。

引いたお出汁に、薄口醤油(50ml)、みりん(50ml)、酒(30ml)、柚子胡椒(1/4袋)で調味して、軽く沸かし鍋ふちがフツフツする程度でアルコールを飛ばす。

point

お出汁は、ボコボコと沸騰させてしまうと香りが飛んでしまうので沸騰させないように注意してください。

2fb4dce3 66e9 4254 a234 00171108a83c

フライパンに油(大さじ1/2)をひき、弱中火で野菜を焼いて火を通す。

point

火の通りにくいレンコンとかぼちゃから先に入れ、片面に焼き色がついたくらい(3~5分程度)で、長芋とししとうを入れて下さい。

12922406 c5d6 48a9 85a0 7d4b932e0049 C396e769 7504 48c4 9f60 73d732950ceb

両面がきれいに焼き色がつき、火が通った順に出汁に漬け込み、ひと煮たちさせそのまま冷ます。

point

火が通ったかは、野菜を少し味見して判断して下さい。

point

お時間に余裕がある方は、1日程度漬け込んでおくと旨味が良く染みてさらに美味しく召し上がれます。

C59e51c1 b989 40e9 9962 abf2a0a7bbef
主菜2. 鶏団子 きのこの餡かけを作ります。

ボウルに鶏ひき肉、すりおろした玉ねぎ、Aの調味料、溶き卵(1/2個分)を入れ粘りが出るまでよく混ぜる。

point

Aの調味料は混ぜ合わせず、1つずつ入れて下さい。

Fda71451 e95b 4685 8b1c 45aa128a2667 9bd52e7a e8a1 4881 bb6c 513e73ea39a5

混ぜ合わせた鶏ひき肉をスプーンを使って直径3㎝程の団子にし、沸騰したお湯の鍋に全て入れてから、6分間中火で煮て鶏団子に火を通す。

point

1回ごとにスプーンを水に付けながら行うと、肉がくっつきにくくなります。

point

加熱途中で、アクが出たら取り除いてください。

5ac84f83 6435 418f 9b68 dd3650d7becc B692b915 7426 40f9 bea9 99f4687de2e1

鶏から出た出汁250ml分を別の鍋に移し、全てのきのこを入れて、強中火で煮だす。

point

残った鶏のだし汁は、お好みの具材を入れてみそ汁などにしても美味しく召し上がれます。

F4108fe0 8091 4df1 ba5c b4f16cb4c52f 076f6ef2 cfe7 49a6 a90a d1f4d87afa77

薄口醤油(20ml)、みりん(20ml)を入れ調味して、水溶き片栗粉(片栗粉1袋+水30ml)でとろみをつける。

point

だまにならないように混ぜながら少しずつ入れて下さい。

15dc91e2 a02e 47f2 8268 56cbab12868b
主菜3. 鶏団子 きのこの餡かけを完成させます。

器に肉団子を盛り、きのこ餡をかけて小口に切ったねぎをのせて完成。

point

七味唐辛子はお好みでかけてお召し上がりください。

885b6a30 559c 4900 978c 587a08ce45a3
副菜3. 根菜の焼きびたしを完成させます。

器に盛り付け、鰹節をのせて完成。

1f8fba79 3d81 4c63 a2aa 797de124d438