5種のスパイスを使った牛肉火鍋&辣白菜(ラーパーツァイ)〜白菜のピクルス〜

Clock w@3x

40min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

冷ます時間(30〜60分程度)を除く

Medium 1874d96c 6b93 48a8 9ba7 1c2c4c9e7fb5
Medium 281f922f bf8b 4d07 abaa 8171714d597c
Medium 30fb5a56 2c05 4959 b8f4 43e115450232
1874d96c 6b93 48a8 9ba7 1c2c4c9e7fb5
281f922f bf8b 4d07 abaa 8171714d597c
30fb5a56 2c05 4959 b8f4 43e115450232
1874d96c 6b93 48a8 9ba7 1c2c4c9e7fb5
281f922f bf8b 4d07 abaa 8171714d597c
30fb5a56 2c05 4959 b8f4 43e115450232

5種のスパイスを使った牛肉火鍋&辣白菜(ラーパーツァイ)〜白菜のピクルス〜

Clock w@3x

40min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

冷ます時間(30〜60分程度)を除く

About this recipe ― このレシピについて

5種類のスパイスを使用し、ご自宅で本格的な火鍋をお楽しみいただけます。香辛料と唐辛子のカプサイシンで体が温まります。辛味が得意ではない方は溶き卵を入れると辛味を和らげマイルドな味わいに。アレンジも広がる寒い冬にぴったりのメニューです。
副菜の辣白菜(ラーパーツァイ)は短時間でできる中華風のピクルス。人参や蕪、セロリ、胡瓜などの野菜でも代用可能でアレンジが広がる一品です。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

Bec91061 792e 40ca b364 01297df8b907

西岡 英俊

レンゲ:Renge equriosity / 中華料理シェフ

中華料理『レンゲ:Renge equriosity』オーナーシェフ。1972年生まれ、東京都出身。高校卒業後、和菓子屋で1 年働き、調理師学校に入学。卒業後は「シェフス」の故・王恵仁氏のもとで3年、上海上流家庭料理の研鑽を重ねる。その後、スペイン料理、イタリア料理、ニュージーランドでは和食などを経験し、「シェフス」へ。退職後は飲食店のコンサルティングにも携わり、運営の仕事も実施。2009年、新宿御苑に「Chinese Tapas Renge」をオープン。2015年に閉店し、銀座で「Renge equriosity」をオープン。

Ingredients ― お送りする食材リスト

5種のスパイスを使った牛肉火鍋牛肉火鍋

281f922f bf8b 4d07 abaa 8171714d597c

牛バラ肉

250g

白菜

200g

豆腐(絹)

1丁(350g)

にら

40g

大根

1/3本

えのき

50g

椎茸

4個

スープ

900ml(水:900ml+顆粒鶏がらスープの素:22g)

にんにく

5g(1かけら程度)

生姜

20g

豆板醤

18g

唐辛子

6本

花山椒(ホール)

5g

八角

1個

クローブ

3個

ナツメ

2個

Home gray@3x

醤油

大さじ2

辣白菜(ラーパーツァイ)〜白菜の中華風ピクルス〜

30fb5a56 2c05 4959 b8f4 43e115450232

白菜

100g

Home gray@3x

100ml

唐辛子

2本

中国醤油

5ml(小さじ1)

Home gray@3x

大さじ1と1/3

Home gray@3x

砂糖

約大さじ2(20g)

Home gray@3x

小さじ1/3

Home gray@3x

ごま油

大さじ1

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

タッパー、ピーラー(またはスライサー)

調理方法

〜辣白菜(ラーパーツァイ)の下準備をします〜

白菜の葉と芯を切り分け、葉を食べやすい大きさに切る。(主菜用)

芯を5mm幅に切る。タッパーに入れる。(副菜用)

point

ぴったり入るような小さめのタッパーおすすめです。

唐辛子の種を取る。(主菜副菜共通)

2770362d 78e8 4f8a 98ec f1fecddeccf7

鍋に以下の食材を入れ、中火で沸騰させる。

Home gray@3x

100ml

唐辛子

2本

Home gray@3x

中国醤油

5ml

Home gray@3x

大さじ1と1/3

Home gray@3x

砂糖

約大さじ2(20g)

小さじ1/2

唐辛子は主菜とまとめてお送りしています。

1〜2分沸騰させアルコールが飛んだら火を止め、ごま油(大さじ1)を入れタレを完成させる。

point

ごま油の香りを残すため、火を止めてから入れてください。

Ea47c0c4 c467 4dea 982c 27630f9811db

タレを白菜が入ったタッパーに、熱い状態で注ぎ入れ、冷ます。(目安:30〜60分程度)

point

熱い状態で注ぐことで、食材に少し火を入れ、味をなじませます。

5600c326 2eb4 4993 81cf cec23bef4fff 4caa0333 5d8a 4c38 967b 6b6d50b0f980
〜火鍋の下準備をします〜

ニラを4cm幅に切る。

えのきの石突きを切り落とし、半分に切る。

椎茸の石突きを切り落とし、半分に切る。

大根の皮を剥き、ピーラーでリボン状になるようにスライスする。

point

スライサーでも可です。

にんにくの芯を取りスライスする。

生姜の皮を剥き、スライスする。 

豆腐を3cm角に切り、水にさらす。

牛バラ肉を10cm程度の食べやすい大きさに切る。

3d581a2d 7239 4d61 b910 8b51f87b927b 3963ff97 90a0 46f3 8614 738af967b571
〜火鍋を作ります〜

フライパンにサラダ油(大さじ1)を入れ中火にし、白菜をしんなりするまで炒める。

point

水分が多い食材を炒めることで、鍋のスープの味をぼやけるのを防ぎ、食材の食感の引き立たせます。

F43b4f30 80df 4d2c 87d6 39d4da0cb352

鍋にスープ(水:900ml+顆粒鶏がらスープの素:22g)を入れ、以下の食材を加え中火にかけ沸騰させる。

にんにく

-

生姜

-

豆板醤

18g

唐辛子

6本

花山椒(ホール)

5g

八角

1個

クローブ

3個 

ナツメ

2個

Home gray@3x

醤油

大さじ2

point

花山椒と八角、クローブは、添付の巾着にいれて使用してください。巾着を使うことで、お召し上がりやすくなります。

point

山椒の痺れるような辛さが苦手な方は花山椒の使用量を調整してください。

4251d642 d165 451b 9767 5ddc0f6ef29a

アクを取り、炒めた白菜、豆腐を入れ再度沸騰させる。

D83144ca 1296 49ed bc9a 10079950179b

残りの野菜(ニラ、大根、えのき、椎茸)、牛肉を入れ、火が入ったら完成。

C47165ac 6018 470b 8a4c bc3629b747d3 6b95930e ac11 474c 9273 539f82246c30
〜辣白菜(ラーパーツァイ)を仕上げます〜

完全に冷めたら皿に盛って完成。

point

1日置いた方が味がより馴染んで美味しくなります。

79f6660f 4076 4580 bb80 01cf9336e08e