スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース&ビーツと胡桃のサワークリーム和え

Clock w@3x

50min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium 058366b1 7fe1 4423 a2b8 a05b8f84dd07
Medium 2d9d5df0 baa4 4600 bb35 04562b46668e
Medium 02450a2d 2bbf 4670 a235 bc15df5e9755
058366b1 7fe1 4423 a2b8 a05b8f84dd07
2d9d5df0 baa4 4600 bb35 04562b46668e
02450a2d 2bbf 4670 a235 bc15df5e9755
058366b1 7fe1 4423 a2b8 a05b8f84dd07
2d9d5df0 baa4 4600 bb35 04562b46668e
02450a2d 2bbf 4670 a235 bc15df5e9755

スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース&ビーツと胡桃のサワークリーム和え

Clock w@3x

50min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

アクセントにキャトルエピスというペッパー、ナツメグ、ジンジャー、クローブ の4種類を合わせたスパイスを使い、鴨をジューシーに焼き上げました。付け合わせには冬に美味しくなるねぎのリゾットを。鴨料理の美味しさをより引き立たせます。ほんのり香るスパイスにより、赤ワインとの相性は抜群な一皿です。
副菜は、色鮮やかで食卓を一気に明るく彩る野菜「ビーツ」を使い、普段スーパーでは並ばない食材で、レストランで食べる味を家庭でも簡単に作れるレシピにアレンジしました。クリスマスを連想させる彩りも綺麗な一品です。
 

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

B4f58537 bcdf 4195 94c0 060f0085a8c9

広瀬 亮 

Tatsumi / フレンチシェフ

中目黒「Tatsumi」オーナーシェフ 大学在学中、宇都宮「オーベルジュ」でアルバイトを始める。卒業後、池尻大橋「コム・ダビチュード」で3年勤務した後、渡仏。ブルゴーニュ「ル・ベナトン」、アルザス「ラ・ヴィエイユ・オンセーニュ」、パリ「パッシフロール」などで修業し帰国。帰国後は青山「ポワロー」を経て大手企業の商品(食品)開発部に入社。恵比寿「ビストロシロ」を経て、11年独立。「Tatsumi」で全国の契約農家の野菜と、全国各地の生産者が作る厳選素材を、小皿の安心価格で楽しめるビストロで、特にアバ(内臓)料理が幅広く楽しめる。

Ingredients ― お送りする食材リスト

スパイシー鴨胸肉のポワレ 下仁田ネギのクリームリゾット 赤ワインソース

2d9d5df0 baa4 4600 bb35 04562b46668e

鴨肉

1枚

Home gray@3x

小さじ1

Home gray@3x

胡椒

適量

キャトルエピス

0.8g

下仁田ねぎ

1本

バター

1個(8g)

Home gray@3x

ご飯

140g(お茶碗約1杯分)

チキンブイヨン

1/3本(小さじ1)※1本でお送りしています。

Home gray@3x

140ml

サワークリーム

20g(約1/5個)

生クリーム

60ml(大さじ4)

Home gray@3x

小さじ1/3

赤玉ねぎ

1/2個

赤ワイン

30ml

フォンドヴォー

1本(30g)

バター

1個(8g)

生クリーム

20ml(大さじ1と1/3)

Home gray@3x

胡椒

適量

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

イタリアンパセリ

3g程度

ビーツとクルミのサワークリーム和え

02450a2d 2bbf 4670 a235 bc15df5e9755

ビーツ

1個

赤玉ねぎ

1/2個 ※副菜とまとめてお送りしています。

ビーツを茹でるお湯

適量

ビーツを茹でる塩

お湯に対して3%

サワークリーム

70g(約4/5個)※副菜とまとめてお送りしています。

レモン

1/4個

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

Home gray@3x

胡椒

適量

胡桃

10g

イタリアンパセリ

3g程度

Home gray@3x

小さじ1/3

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

Home gray@3x

胡椒

適量

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

ザル

調理方法

〜鴨胸肉のポワレとサワークリーム和えの下準備をします〜

ビーツの皮を剥き、3〜5mm幅のいちょう切りにする。

610a01b9 70f9 4e3d b876 97b540ff3536

鍋に3%程度の塩を入れたお湯にビーツを入れ、8分程度茹でる。(目安:お湯1Lに対して塩大さじ1)

point

少し食感が残っている程度まで茹でます。茹でることで甘みが増します。

point

ビーツがお湯の中で対流して浮いてくるようになったら茹で上がった目安です。

Fee233b2 2921 4f94 bad1 c6b5d7e39a06 1ba08563 8afe 4ef2 b5e7 28ac8c93ac33

ねぎを1cm角に切る。

point

ねぎの青いところも使用してください。

赤玉ねぎ(送付量の1/2)を薄めのスライスにし、半分に切る。(鴨胸肉用)

2c4fd545 bbb7 41e1 8a3b cdbb72665d74

赤玉ねぎ(送付量の1/2)を薄くスライスする。(サワークリーム和え用)

イタリアンパセリ(送付量の1/2)をみじん切りにする。

サワークリームを常温に戻す。

フライパンに胡桃を入れ、香りがでるまで乾煎りする。

26c44e38 62e9 426e 8296 48e1337691c6

胡桃を食べやすい大きさに切る。

71a8d55f c172 4c16 b79d f2e7f2d498e8

鴨肉の筋を取り、皮目に格子状の切り込みを入れる。

両面に塩(小さじ1)、皮目のみに胡椒(適量)、キャトルエピス(0.8g)を振る。

31db4304 f8fc 45ef 8431 e05d035617e3
〜サワークリーム和えを作ります〜

ビーツが茹で上がったら赤玉ねぎを入れすぐザルにあげ、お湯を切る。

point

赤玉ねぎを最後にさっと茹でることで、赤玉ねぎの食感を残しつつ辛みを抜くことができます。

Ea8c27f4 c558 4b3f 984f cc5d3e1028cd Faebfd22 2bdd 485a 884e 6d07020ad6f1

大きめのボウルに以下の食材を入れて混ぜ合わせ、ペースト状のソースを作る。

サワークリーム

70g(約4/5個)

レモン汁

1/4個分の絞り汁

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

Home gray@3x

胡椒

適量

サワークリームは主菜とまとめてお送りしています

39cba20f 1296 4e35 9559 c12ec73fd4b6 3ce3fa80 97e0 4818 b369 acb7ecfa5cf2

ソースが入ったボウルにビーツ、赤玉ねぎを入れよく混ぜ合わせる。最後にみじん切りにしたイタリアンパセリ(半量)、胡桃、塩(小さじ1/3)を加え混ぜ合わせ、味を調える。ラップをして30分〜1時間程冷蔵庫で冷やす。

point

ビーツが温かいうちに混ぜ合わせてください。浸透圧により味が染み込みやすくなります。

9b9dacf2 7f79 4f96 b283 879fb46c41ce 8178a83c e5b7 4ad0 9adc 751af385268d
〜鴨胸肉のポワレを作ります〜

フライパンが冷たい状態で鴨の皮目を下にして入れ、強火にする。パチパチと音が鳴り出し、皮目から油が出てきたら弱火に落とし、皮目がパリッとするまで5分程度焼く。ひっくり返して、さらに4分程焼く。

point

皮目にスパイスをかけているため焦げやすいです。パチパチという音がなったら必ず弱火に落とし焼き上げてください。

6ad4e824 2405 4c29 8f38 ed57e5b007c6 08388bf0 b3f0 4020 a0d7 62fb4552bfc2

焼き上がったら、鴨をアルミホイルで包み、10分程休ませる。

point

フライパンは残しておいてください。後の工程で使用します。

08eac483 fd31 44ed 9251 6776baff8e71 78397c55 6de6 463a b255 afd8b55117f1
〜鴨胸肉のポワレを休ませている間に、付け合わせのリゾットを作ります〜

鍋にバター(1個)とねぎを入れ中火にし、しんなりするまで炒める。ねぎがしんなりしたら弱火にしご飯(140g:お茶碗約1杯分)、水(140ml)、チキンブイヨン(1/3本:小さじ1) を入れ煮る。(目安:1分程度)

Ccd5acaf b742 4b46 b368 c18f8793b260 D10d531a 635c 4dec 8292 0ba09180034d 059f77a5 7986 46b9 b970 a590f2e270e1 1826ffa1 fe34 435d 85bb c4e8a798c518

チキンブイヨンは1本でお送りしています。残った分はご自由にご利用ください。

水分が詰まってきたら、残りのサワークリーム(20g:約1/5個)と生クリーム(60ml:大さじ4)、塩(小さじ1/3)を入れ味を調えてリゾットを完成させる。

point

生クリームは主菜のソース用とまとめてお送りしています。

D8babcc8 bd5b 4be0 94d2 0baac06ba3f1 6df2e498 7246 4ef3 a00e 01c3fc25815d Bf4a87c3 6f20 4e83 8ed2 f0973befdaa3
〜鴨胸肉のポワレを休ませている間に、ソースを作ります〜

鴨肉を焼いたフライパンの油を捨て、同じフライパンにオリーブオイル(大さじ1)を加え中火にし、赤玉ねぎを炒める。

point

フライパンが焦げていたら、洗ってください。

6a579c48 e760 445b 89f2 1bb0c086402c 73977487 10c6 4b17 87ba 33c5a3a6e09f

赤玉ねぎがしなっとしたら赤ワイン(30ml)を入れ、完全に水分がなくなるまで煮詰め、フォンドヴォー(1本)、バター(1個)、生クリーム(20ml:大さじ1と1/3)、胡椒(適量)、アルミホイルに出た肉汁を入れソースを作る。

point

赤ワインの水分を飛ばすことで、果実味や甘みを増します。

point

生クリームは主菜のソース用とまとめてお送りしています。残った分はご自由にご利用ください。

Ce9277f0 36e3 421d b8a1 28bd28b77d25 22a59bf2 3b75 40c9 bda1 f397633ffc01 Fc052390 2b64 4adf 8b3f dd4c108414a2 A7a893d3 9915 498d ad8a 43259bfafeb9 Da281736 83f9 4d1e bdfa 5780fe359eeb 753139f7 ef25 4c4b b4c7 251a880aaa87
〜鴨胸肉のポワレを仕上げます〜

鴨肉を薄めのスライスに切る。

皿にリゾットを盛り、鴨肉を乗せる。ソースをかけてイタリアンパセリ(送付量の半分)を飾って完成。

7f122955 8016 4325 9312 3ed5d20186e9
〜サワークリーム和えを仕上げます〜

皿に盛り付けて、残りのイタリアンパセリ、オリーブオイル(大さじ1)、胡椒(適量)を振り完成。

27020375 1a6f 42de 8dca 274478c109e0