鶏肉のスパイシーパン粉炒め山椒タルタルソース添え&フーヨーハイ〜蟹の身入り卵白炒め〜

Clock w@3x

50min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium 7e1ac191 f538 40f7 a566 7c66bbe5978f
Medium c5bc7587 a38d 4ba1 9e32 3273afe14416
Medium 203c260f 695a 4316 9fc1 37b793c93372
7e1ac191 f538 40f7 a566 7c66bbe5978f
C5bc7587 a38d 4ba1 9e32 3273afe14416
203c260f 695a 4316 9fc1 37b793c93372
7e1ac191 f538 40f7 a566 7c66bbe5978f
C5bc7587 a38d 4ba1 9e32 3273afe14416
203c260f 695a 4316 9fc1 37b793c93372

鶏肉のスパイシーパン粉炒め山椒タルタルソース添え&フーヨーハイ〜蟹の身入り卵白炒め〜

Clock w@3x

50min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

鶏肉のスパイシーパン粉炒めはチキンカツを中華風にアレンジした一品です。
パン粉材料を弱火でゆっくり香りよく炒めるのがポイントです。
タルタルソースをたっぷりつけお召し上がりください。
副菜のフーヨンハイは弱火でゆっくり炒め焦げめをつけず、白く仕上げて下さい。
滑らかな食感がご飯によく合います。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

B31da694 0c9f 4754 9b1a d0e2f1279e88

山本 眞也

の弥七 / 中華料理シェフ

「の弥七」オーナーシェフ 1979年生れ高知県出身。 大学在学中に料理の道に進む。世田谷の中国料理店から修行を始め、上海で2年間研修をつむ。 帰国後、【白金亭】、御田町【桃の木】で修行後、2014年に荒木町にて独立、2017年に同町内に移転。

Ingredients ― お送りする食材リスト

鶏肉のスパイシーパン粉炒め 山椒タルタルソース添え

C5bc7587 a38d 4ba1 9e32 3273afe14416

鶏もも肉

1枚

片栗粉

3袋(30g)

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

胡椒

適量

パン粉

25g

フライドガーリック

25g

豆豉

4g

一味

2g

万能ねぎ

8g程度 ※副菜とまとめてお送りしています。

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

サラダ油

大さじ3

1個

ピクルス

35g

玉ねぎ

1/2個

マヨネーズ

3袋(45g)

花山椒(粉)

1g

Home gray@3x

ひとつまみ

フーヨーハイ

203c260f 695a 4316 9fc1 37b793c93372

3個

かにほぐし身

50g

片栗粉

2袋(20g)

牛乳

80ml ※1本(125ml)でお送りしています

生クリーム

60ml ※1本(100ml)でお送りしています

万能ねぎ

5g程度 ※主菜とまとめてお送りしています

Home gray@3x

サラダ油

小さじ2

Home gray@3x

ご飯

お茶碗2杯分程度

Home gray@3x

醤油

適量

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

調理方法

〜パン粉炒めの下準備をします〜

ご飯を炊く。(フーヨーハイ)

鍋にお湯を沸かし、卵(1個)を入れゆで卵を作る。(目安:8〜10分)

玉ねぎをみじん切りにし、水に晒す。ペーパーなど使い水気をよく切る。

ピクルスをみじん切りにする。

ゆで卵を細かく刻む。

上記を同じボウルに入れる。

8cb34d6a 616f 47fc b048 8751b4de057e

以下の食材を混ぜ合わせ、タルタルソースを作る。

E951155b 5ea5 4922 88e3 7183e349100e

ゆで卵

ピクルス

玉ねぎ

マヨネーズ

3袋

Home gray@3x

ひとつまみ

万能ねぎを小口切りにする。(主菜副菜共通)

豆豉を細かく刻む。

鶏肉の厚みがあるところを開き均等な厚さにし、両面に塩(ひとつまみ)、胡椒(適量)を振る。

1befbc7e ff79 4c5c 97be 07c1cec21bf8

片栗粉(3袋)をまんべんなくまぶし、余分な粉をはたく。

〜パン粉炒めを作ります〜

フライパンを強火でしっかり温め、サラダ油(大さじ3)を入れて、鶏肉を皮目から入れ揚げ焼きにする。

A4aa6539 ae02 4e3e 8ced c3224ff2ad8a

皮目に焼き色がついたら、弱火にしてひっくり返し身側も焼き色がつくまで焼く。(目安:皮目2分程度、身側3〜4分程度)

point

皮目をカリッと焼き上げるために、フライパンをしっかり温めた後にサラダ油を入れ皮目から焼き上げてください。

9d2d8349 03c4 4dc8 8fd6 63e56466b1fa

再度ひっくり返し皮目を下にし、皮目をカリッとした仕上がりにする。(目安:1分程度)

Fadfa575 a3d7 42a6 81e0 59f4c1b4b302

鶏肉に竹串を刺して、透明な汁が出てきたら、鶏肉をバットなどに取り出して5分ほど余熱で火を入れる。

point

焼き上がりを判断する方法は、直接鶏肉の身側を押して、ハリが出ていれば大丈夫です。ブニブニしたらまだ火の入りが甘いのでハリが出るまで焼き上げてください。

2c770b74 a89f 4ccb 90e5 f87d482f5d28

鶏肉に余熱で完全に火が通ったら、半分に切ってさらに食べやすい大きさの短冊状に切る。

0cb8d0f5 f372 4974 85c6 855768edf698
〜鶏肉を余熱でおいている間に、フーヨーハイの下準備をします〜

卵(3個)の黄身と卵白をボウルに分ける。

卵黄はそのまま残す。

卵白をよく混ぜ、コシを切る。

point

卵白はコシを切ることで、滑らかな仕上がりになります。

C34313c3 c409 474f 9de8 17741d5bed4d

卵白の中に以下の材料を入れ、混ぜ合わせ、かに卵白を作る。

かにほぐし身

片栗粉

2袋

牛乳

80ml

生クリーム

60ml

残った牛乳、生クリームはご自由にご利用ください。

A652051f ce5b 4803 8644 dcb61c8d501b 8cfd590f 23b0 4404 8493 dd3582147e2f
〜パン粉炒めを仕上げます〜

油をひいていない綺麗なフライパンにパン粉(50g)を入れ、弱火で色がつき香ばしい香りが立つ程度まで乾煎りする。

point

弱火でパン粉の水分をじっくり飛ばすことで、パリっとした仕上がりにします。

9b667a58 5a25 4320 b18e 9442cda674c6

パン粉に色がつき香ばしい香りが立ったら、以下の材料を加え混ぜ合わせる。

Dc7442ba 6197 4f3a a2a8 ac1cb4554c45 E91757c5 0a5f 40dc 89b0 289f846ef448 27dfe7a5 94c7 402d b81d ef97fbf0877b 5a9de5b7 108e 447d 8ee4 e0cd0650fcf3

フライドガーリック

25g

豆豉

一味

2g

万能ねぎ(小口切り)

2/3

Home gray@3x

ひとつまみ

フライパンに鶏肉を加え、2〜3回煽る。

Ccad6839 d55e 49d5 94c5 904d3635c71f

皿に盛り付け、タルタルソースを添える。タルタルソースにお好みで花山椒(1g)をふりかけ完成。

point

痺れる辛さが好きな方は、花山椒を全量、得意ではない方は半量以下がおすすめです。お好みに合わせ花山椒の量を調整して下さい。

1dc29816 e003 4e08 bb06 a08c37bcc233
〜フーヨーハイを作ります〜

フライパンを弱火でしっかり温め、サラダ油(小さじ2)を入れて、かに卵白を入れ、ゆっくり炒めていく。

かに卵白は必ずよく混ぜてから加えてください。

point

固まったところからフライ返しなど使って優しく返しながら炒めるイメージです。そうすることでふわっとした仕上がりになります。

1ea46be6 a919 4e57 bd46 5860719f7690 Db1e97f2 302b 4a85 ab1d f291f6259086 1298e1ed 2561 4adb bfd3 15e9f4ae29fd 49ad9f5c dbf8 4561 a2fb d5a0d3c73e7b

皿にご飯を盛る。

ご飯の上にかに卵白をのせ、真ん中に取っておいた卵黄をのせる。残りの青ねぎを振ってお好みで醤油(適量)を少し垂らして完成。

point

残った卵黄(1個分)はご自由にご利用ください。

D401bbd2 4992 4c46 8bb9 6fa9889cc1bb