モッツァレラとベーコンを詰めた鶏モモ肉のインパナータ サツマイモのピュレ添え&パレルモ名物ノルマン人風パスタ

Clock w@3x

50min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium 48ee55cd 46fe 4701 bfb5 33eec968fa8f
Medium f2d85db2 49a2 47d4 97d4 a97adab96970
Medium 1432564c a30a 4e05 a3e0 a5d8a46964a1
48ee55cd 46fe 4701 bfb5 33eec968fa8f
F2d85db2 49a2 47d4 97d4 a97adab96970
1432564c a30a 4e05 a3e0 a5d8a46964a1
48ee55cd 46fe 4701 bfb5 33eec968fa8f
F2d85db2 49a2 47d4 97d4 a97adab96970
1432564c a30a 4e05 a3e0 a5d8a46964a1

モッツァレラとベーコンを詰めた鶏モモ肉のインパナータ サツマイモのピュレ添え&パレルモ名物ノルマン人風パスタ

Clock w@3x

50min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

インパナータは「インパナーレ=パン粉をつける」という意味の調理法。今回は大きく開いた鶏肉に、旨味と燻製香をベーコン、とろりとした濃厚さをモッツァレラで、パルメザンで全体にコク、セージで爽やかさをプラスしました。優しい甘みのサツマイモのピュレを少しつけながら食べるとまた違う美味しさが口の中に広がります。
副菜の「パスタ・アッラ・ノルマ」は、「ノルマ」というイタリア オペラの代表作の名前で、その作曲家の好物であったことに由来するパスタ。ブカティーニという中央に空洞があるロングパスタを使用し、トマトソースとの相性は抜群の一品。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

Ecd8432d 25ae 44fa 9628 d038e5ae0c9f

松山 喬洋

tk@PINO / イタリアンシェフ

1986年愛知県出身。幼い頃より食とアートに興味を持ち3歳から油彩画を始める。18才で上京し表参道『ピエール・エルメ・パリ』で食の世界をスタートさせ、ある日焼き上がった芳ばしい小麦の香りに心を打たれ一転ピザ職人の道へ。赤坂老舗ピッツェリアにて統括ピザ職人となり、幾つもの店舗立ち上げ及び経営に携わる。その後、広尾『Il Ristorante nella Pergola』,表参道『Napule』に務め、渡伊。Puglia州 二ツ星『Ristorante Angelo Sabatelli』,Sicilia州 一ツ星『Bye Bye Blues』などで修行。帰国後、白金高輪『Tarantella da Luigi』, 株式会社スマイルズ『Pavilion』にて料理長を務めた後​、食の問題や未来変革に特化した”食の社会彫刻家”としてあらゆる活動に取り組む。

Ingredients ― お送りする食材リスト

モッツァレラとベーコンを詰めた鶏モモ肉のインパナータ サツマイモのピュレ添え

F2d85db2 49a2 47d4 97d4 a97adab96970

鶏もも肉

1枚

Home gray@3x

ふたつまみ

Home gray@3x

胡椒

適量

2個

薄力粉

1袋(10g)

パン粉

70g

ベーコン

1袋

セージ

4g程度

モッツァレラ

1袋(100g)

パルメザンチーズ

1袋(7g)

さつまいも

100g程度

牛乳

1本(200ml)

玉ねぎ

1/4個

バター

1個(8g)

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ3

Home gray@3x

160ml

Home gray@3x

砂糖

ふたつまみ

Home gray@3x

胡椒

適量

Home gray@3x

サラダ油(揚げ焼き油)

150ml程度(大さじ10程度)

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

胡椒

適量

Home gray@3x

大さじ2

パレルモ名物ノルマン人風パスタ

1432564c a30a 4e05 a3e0 a5d8a46964a1

ブガティーニ(パスタ)

180g

トマト缶(ダイス)

1缶(400g)

バジル

4g程度

パルメザンチーズ

3袋(21g)  

茄子

1本

バター

2個(16g)

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ5

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

胡椒

適量

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

胡椒

適量

Home gray@3x

胡椒

適量

Home gray@3x

ブカティーニを茹でるお湯

適量

Home gray@3x

ブカティーニを茹でる塩

お湯の1%程度

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

ミキサー、バット

調理方法

【配送されたお野菜について】

食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。

野菜は全て洗ってご使用ください。

〜インパナータの下準備をします〜

玉ねぎをスライスする。

さつまいもの皮を剥き、1cm角に切る。

5b96e92a ad19 4cfd b805 8a96df8ef53d

セージを飾り用に1/3程度残しておく。

鶏肉の皮を取る。鶏肉の厚みがある箇所に包丁を入れ、観音開きにする。(厚みの目安:1〜2cm)

point

後で材料を巻き込むので、大きめになるように鶏肉を薄く開いてください。

両面に塩(ふたつまみ)、胡椒(適量)をする。

699b805d d6a5 4b08 abf0 f6358b7d6b48

卵(2個)をバットに割り入れ、塩(ひとつまみ)、胡椒(適量)、水(大さじ2)を加えよく混ぜ溶き卵を作る。

パン粉を袋に入ったまま手で揉んで、細かくする。

オーブンを170度に予熱する。

〜インパナータに使うピュレを作る〜

鍋にオリーブオイル(大さじ1)をひき中火にかけて、玉ねぎ、塩(ひとつまみ)を加え炒める。

96df5236 c2a9 46b5 bee0 4a261c422dca

玉ねぎが透き通ってきたらさつまいも、オリーブオイル(大さじ3)を加え、炒める。

Df1ec56f b9be 4ab1 9b6e 9551355e0552

さつまいもの色が変わってきたら、バター(1個)を入れる。バターが溶けたら、牛乳(1本)、水(160ml)、砂糖(ふたつまみ)を加え中火で煮る。(目安:15分程度)

3cda1972 ee64 467d b668 d0f2c75c8f2f 4920f15e 9ea8 4503 afbe ac2ed9534404

さつまいもが木ベラで割れるくらいになったら、ハンドミキサーでピュレ状にする。

point

煮終わりの目安は、具材と水分が1対1程度になったころが目安です。

point

ハンドミキサーがない場合は、すり鉢やマッシャーなどで細かくすり潰してください。

589cedf9 9637 40b1 8ee9 4ac07c8cb9f9 60653a81 e8ec 4d76 8fbf 08123f646405
〜ピュレを煮ている間にインパナータを作る〜

鶏肉にベーコン(1袋)、手でちぎったモッツァレラ(1袋)とセージの葉を手でちぎってのせ、パルメザンチーズ(1袋)をかけて巻き上げる。

5f542e46 3814 4045 8dd2 854bcc6900c4 581073da 0071 49db 999c 7893befc660d D394b747 0ae0 4882 adc0 1e22445e249b

巻き上げた鶏肉に、①薄力粉(1袋)②溶き卵③パン粉をつける。さらに②溶き卵③パン粉を繰り返し、衣を2重にする。

point

衣を2重にすることで、オーブンで焼き上げた際にチーズが溶け出すのをできる限り防ぎます。

6d105928 ef5b 43aa b6d0 befcbb0fd4ea 79d55728 206b 4e65 b6e3 cff0de59dea3 Eff91a63 4a58 4bcc b51e 49a94f932a1f Ff89a1f0 1ca5 4ddc a092 06311fe8c0fd 3a66d4cc 5d90 4522 88c7 9ccc213e3c50 Ca96cda3 ad4a 43b4 826b b87ff7d23301 7b4d7223 8c58 4658 8cdb b075114a9fa4

フライパンに多めのサラダ油(150ml程度)を入れ中火にかけ、油が温まったら鶏肉を入れ揚げ焼きにする。途中で揚げ焼きする面を変えながら全面焼き上げる。(目安:各面2〜3分程度)

point

中に火を通すために、焼きあがった面にスプーンなどで油を掛けながら焼き上げると均一に火が入ります。

point

油をかけるのは一度焼いた面のみです。焼いてない面に油をかけると、衣が落ちてしまいます。

969d3354 784e 4095 bd8f 6b3b1d76e428 70f9d637 30a5 4832 bfd1 f720766eb404 04604858 3043 440a 8f66 a10150def9a8

全面が焼きあがったら鶏肉を取り出し、予熱したオーブンで10分焼く。

point

オーブンで焼く際、網の上に乗せて焼くと全面がパリッと仕上がります。

point

オーブンがない場合は、フライパンを弱火にし、ゆっくり焼き上げてください。(目安8分程度)

662b58ac cce8 4910 8c80 41d238f2de4a
〜焼いている間にパスタの下準備をする〜

茄子を1cm幅の輪切りにする。

C802b733 7391 465c 9ce9 c68a3a8415f8

バジルを飾り用に綺麗な葉を2枚取っておく。

〜パスタを作る〜

沸かしたお湯で、ブカティーニを表示時間より1分短い7分茹でる。

7aa493ef bd74 4613 82ce da0aa7b19f67

フライパンにオリーブオイル(大さじ5)を入れ中火にし、茄子を加え両面がきつね色になるまで焼く。

46f047a2 2949 45fc 91ea c1e91c3052cd 6f42c935 c116 4764 954a 8eca4d34bdc7

茄子がきつね色になったらペーパーを敷いたバットに取り出し、温かいうちに塩(ひとつまみ)、胡椒(適量)をする。

2e605479 5041 4dcf a175 538b6d38679d

同じフライパンにオリーブオイル(大さじ1)を入れ弱火にし、トマト缶(1缶)を入れる。

トマトがフツフツと沸いてきたら、バター(2個)、バジル(飾り以外)の葉を手でちぎって加え、軽く煮込む。(目安:1〜2分、水分が軽く飛ぶ程度)

2991c804 f01f 469e 861d f9652a7306f4

ブカティーニが茹で上がったら、ソースが入ったフライパンに入れる。

28a743c1 a1c3 47bc 8069 0c45208d2e29

パルメザンチーズ(1袋)を入れよく混ぜ、塩(ひとつまみ)、胡椒(適量)で味を調える。

point

味を見て、必要なら塩(分量外)と茹で汁で味とソースの濃度を調えてください。

F8535c9c 3802 4c92 be0c 7eac3d648f20

皿にブカティーニを盛り、茄子とパルメザンチーズ(2袋)、飾り用のバジルをのせ、仕上げに胡椒(適量)を振り完成。

4cf0707e f0ca 4e32 966e 8f1ad8155bee
〜インパナータを仕上げる〜

鶏肉を2cm幅に切る。

皿にさつまいものピュレを敷き、鶏肉とセージを飾り付け胡椒(適量)をかけ完成。

Eeeaab05 6d22 43e8 8e39 f1b5d0c03195