排骨(パイコー)を添えた上海風カレー&香菜とみょうがの香味サラダ

Clock w@3x

40min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

ご飯を炊く時間を除く 豚肩ロースを漬ける時間(30分)を除く

Medium 49de2943 31da 4917 9d8e 627869370f5a
Medium 973938ab 1e1b 42fd bab4 6a84f5ba0213
Medium b0f9d8ca 944c 479f b01b e6ac37513a70
49de2943 31da 4917 9d8e 627869370f5a
973938ab 1e1b 42fd bab4 6a84f5ba0213
B0f9d8ca 944c 479f b01b e6ac37513a70
49de2943 31da 4917 9d8e 627869370f5a
973938ab 1e1b 42fd bab4 6a84f5ba0213
B0f9d8ca 944c 479f b01b e6ac37513a70

排骨(パイコー)を添えた上海風カレー&香菜とみょうがの香味サラダ

Clock w@3x

40min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

ご飯を炊く時間を除く 豚肩ロースを漬ける時間(30分)を除く

About this recipe ― このレシピについて

イギリスの疎開によりカレーを使う文化があった上海でのカレーを、西岡シェフがTastyTableのためにアレンジを加えて出来あがったオリジナルのカレー。カレーはお蕎麦屋さんのカレーにも似た、どこか懐かしい味わいです。豚肉を揚げ焼きにした中国料理、排骨(パイコー)を添えることにより、スパイシーでボリュームのある一品に仕上げました。
副菜には醤油ベースのドレッシングを合わせた、ボリュームたっぷりなさっぱりサラダです。ごま油の香りと香菜やみょうががとてもよく合います。他の野菜でもアレンジがきくサラダですので、ぜひ野菜を変えてお試しください。
 

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

Bec91061 792e 40ca b364 01297df8b907

西岡 英俊

レンゲ:Renge equriosity / 中華料理シェフ

中華料理『レンゲ:Renge equriosity』オーナーシェフ。1972年生まれ、東京都出身。高校卒業後、和菓子屋で1 年働き、調理師学校に入学。卒業後は「シェフス」の故・王恵仁氏のもとで3年、上海上流家庭料理の研鑽を重ねる。その後、スペイン料理、イタリア料理、ニュージーランドでは和食などを経験し、「シェフス」へ。退職後は飲食店のコンサルティングにも携わり、運営の仕事も実施。2009年、新宿御苑に「Chinese Tapas Renge」をオープン。2015年に閉店し、銀座で「Renge equriosity」をオープン。

Ingredients ― お送りする食材リスト

排骨(パイコー)を添えた上海風カレー

973938ab 1e1b 42fd bab4 6a84f5ba0213

豚肩ロース

120g×2

薄力粉

2袋(20g)

<漬けダレ>

-

中国醤油(濃口)

15ml(大さじ1)

Home gray@3x

小さじ1/6

Home gray@3x

50ml

五香粉

1g

玉ねぎ

1個

Home gray@3x

サラダ油

大さじ2

カレー粉

10g(大さじ1.5)

オイスターソース

10ml(小さじ2)

スープ

360ml (水:360ml+顆粒鶏ガラスープ:6g)

Home gray@3x

大さじ2

Home gray@3x

サラダ油

大さじ2

Home gray@3x

ひとつまみ

片栗粉

1袋(10g)

Home gray@3x

大さじ1

Home gray@3x

ご飯

お茶碗2杯分(約400g)

香菜

4g程度(副菜とまとめてお送りしています)

香菜とみょうがの香味サラダ

B0f9d8ca 944c 479f b01b e6ac37513a70

香菜

16g程度 (主菜とまとめてお送りしています)

みょうが

3個

きゅうり

1本

水菜

80g

長ねぎ

10cm

<ドレッシング>

-

Home gray@3x

醤油

大さじ1.5

Home gray@3x

ごま油

大さじ1

Home gray@3x

大さじ1

炒りごま

5g

Home gray@3x

砂糖

小さじ2/3

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

ホイッパー

調理方法

~カレーの準備をします~

ご飯を炊く。

下記の材料をボウルに入れて混ぜ、漬けダレを作る。

中国醤油(濃口)

15ml

五香粉

1g

Home gray@3x

小さじ1/6

Home gray@3x

50ml

豚肩ロースの筋の部分に切り込みを入れて、漬けダレの入ったボウルに入れ30分ほど漬ける。

point

筋に切り込み(筋切り)をすることで焼いたときに肉が縮みにくくなります。

6f78beeb 006a 43d1 a2d5 2af591875051

玉ねぎを縦半分に切り、3mm幅程度の半月切りにする。

point

玉ねぎの食感を出すために半月切りにします。

8ca93ec7 8e77 4e00 ad63 fc91d5498d74

片栗粉(1袋)と水(大さじ1)を混ぜ、水溶き片栗粉を作る。

~サラダの準備をします~

下記の通り切った食材を、水を入れたボウルにまとめて入れる。

香菜(送付量の4/5)を2cmの長さに切る。

香菜は主菜とまとめてお送りしています。

みょうがの根元を切り落とし、縦二つ割りにし、斜めに切る。

きゅうりの両端を切り落とし、縦二つ割りにし、斜めに切る。

水菜を3cm幅に切る。

長ねぎを縦二つ割りにし、斜めに切る。

67a61e01 77d2 4f63 a2bd d8c9a36728fb 36bfb74e 4122 4394 8c3a 8141e759eb25
~カレーを作ります~

フライパンにサラダ油(大さじ2)をひき中火に熱し、玉ねぎを入れ炒める。

Ceb93e5b d404 49b7 bdb8 dbafcd4c6a57

玉ねぎが少ししんなりしてきたら、カレー粉(10g)を加え香りが出るまで炒める。

Fd73032d 43b1 4c69 a712 62f1f6f8010e Fb8e7efa cf97 43da 809c 1f7f56bd6b31

オイスターソース(10ml)と酒(大さじ2)を入れ、一煮立ちしアルコールが飛んだらスープ(水:360ml+顆粒鶏ガラスープ:6g)を入れ再度一煮立ちさせる。

Dc9c4058 9bfa 4b7c a1dd e6380de7760f 428981b2 ee1b 4c40 ace0 7cde87c7a625
~煮ている間にサラダのドレッシングを作ります~

ボウルに以下の材料を入れ、ホイッパーで混ぜドレッシングを作る。

F80771f7 8176 43b4 963a 9233f86728b5
Home gray@3x

醤油

大さじ1.5

Home gray@3x

ごま油

大さじ1

Home gray@3x

大さじ1

炒りごま

5g

Home gray@3x

砂糖

小さじ2/3

~カレーを仕上げます~

一煮立ちしたら塩(ひとつまみ)で味を調え、水溶き片栗粉(大さじ1)でとろみをつけカレーを完成させる。

7536d4f3 a300 4de3 a2a5 b1588e9975ff Eab736a2 6d23 4b81 9722 cb0f58bbd3f7

豚肩ロースを漬けダレから取り出し、まんべんなく薄力粉(2袋)をまぶす。

point

ビニール袋を使うと、まんべんなく薄力粉をつけることができます。

27da9c5b 9086 4ba4 9dde 38a1cee3cc1e 37de4381 5668 48fa 86cd eb30c642cbf5

フライパンにサラダ油(大さじ2)をひき、中火で豚肩ロースを焼く。(目安:片面2〜3分ずつ)

0604b530 7a82 4fa1 9f3e 37d3ee0d4cea

片面が焼きあがったら返して反対側も焼く。

D81deb6d 6787 4c74 bfce d6bcd8c7d68c Efa99bd0 fa24 4473 a495 e1f9f23a74aa

豚肩ロースが焼きあがったら、1cm幅程度に切る。

皿にご飯をよそい、上に豚肩ロースをのせる。カレーをかけ、香菜(送付量の1/5)を飾りつけて完成。

Fb3d06e5 2caa 417d 8717 f5955cb94908 C5ada007 7d6c 49af a3c5 c39ab144dc91
~サラダを仕上げます~

ボウルにまとめて入れた野菜の水気をよく切る。

point

しっかり水気を切ることで、味がぼやけるのを防ぎます。

食べる直前に野菜をドレッシングのボウルに入れ、優しく混ぜ合わせお皿に盛り付ける。

point

ドレッシングを入れると野菜がしなるので、食べる直前に混ぜ合わせて下さい。

D8aea80b c5d1 4ecc b9fa 750ca6622293 6b2398fb 1382 4428 b762 4afd4b3d323b