スパイス香る牡蠣カレー パクチー添え&ジャガイモと卵のごろごろグリビッシュサラダ

Clock w@3x

50min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium f2b1164e 5846 4290 af53 d35eea1d8780
Medium 364e3529 5453 4285 be45 f5c31a0c082d
Medium 29e1d287 b6bf 4310 8a92 db6c00a3f3b7
F2b1164e 5846 4290 af53 d35eea1d8780
364e3529 5453 4285 be45 f5c31a0c082d
29e1d287 b6bf 4310 8a92 db6c00a3f3b7
F2b1164e 5846 4290 af53 d35eea1d8780
364e3529 5453 4285 be45 f5c31a0c082d
29e1d287 b6bf 4310 8a92 db6c00a3f3b7

スパイス香る牡蠣カレー パクチー添え&ジャガイモと卵のごろごろグリビッシュサラダ

Clock w@3x

50min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

 

 

Cooking description

- 料理説明 -

 

牡蠣のコクと、ピリッと効いたスパイスがクセになるカレーです。パクチーも一緒に添えて、新しい味わいのカレーをお楽しみください。副菜のグリビッシュサラダは、じゃがいもの焼き目が香ばしく、食べ応えのあるサラダです。マスタードとピクルスが効いた大人味のタルタルソースがよく合います。

 

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

424f5ab4 581c 4c70 b731 ffc0a843e643

茂庭 翠

料理研究家 / フードコーディネーター

東京都生まれ。10歳から料理漬けの毎日を過ごし、短大では調理学や食文化を専攻。ダブルスクールでフードコーディネートや、同時に料理CMや書籍の撮影現場に出入りし、料理広告を学ぶ。20歳の時、知人と都内に小料理屋を立ち上げ、メニュー開発からサービス提供までを一手に手がける。その後「東京會舘」料理教室にて、フランス料理専属助手として勤務。フレンチの技術を身につけ、人に教える楽しみも知る。現在、広告・WEB動画・テレビ・書籍・コラム執筆などレシピ開発からスタイリングまで幅広く手がける。

Ingredients ― お送りする食材リスト

スパイス香る牡蠣カレー パクチー添え

364e3529 5453 4285 be45 f5c31a0c082d

むき牡蠣(加熱用)

8個

パクチー

25g程度

Home gray@3x

ご飯

お茶碗2杯分

トマトペースト

1袋(18g)

玉ねぎ

1個

すりおろし生姜

1袋(2.5g)

すりおろしにんにく

2袋(6g)

カレー粉

10g(大さじ1.5)

Home gray@3x

400ml

Home gray@3x

小さじ1

Home gray@3x

醤油

小さじ1

バター

3個(24g)

Home gray@3x

サラダ油

大さじ2

マスタードシード

4g

カルダモン

3粒

ジャガイモと卵のごろごろグリビッシュサラダ

29e1d287 b6bf 4310 8a92 db6c00a3f3b7

じゃがいも(男爵)

3個

ブロッコリー

60g

1個

イタリアンパセリ

5g程度

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

Home gray@3x

胡椒

適量

ピクルス

20g程度

エシャロット

1/4個

粒マスタード

3袋(12g)

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

Home gray@3x

大さじ1

Home gray@3x

小さじ1/2

Home gray@3x

胡椒

適量

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

炊飯器、(あればフードプロセッサーまたは、おろし器)

調理方法

【配送されたお野菜について】

食材は配送の関係で傷んでいる場合がございます。その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。

野菜は全て洗ってご使用ください。

【食材の配送について】

品質・安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける) ことができないものがございます。

例:生クリーム , 牛乳 , 缶詰 等...

〜サラダを準備します〜

卵をお湯から茹で、ゆで卵をつくる。(目安:8〜12分)

ゆで卵の殻をむく。

じゃがいもは皮をよく洗い、ラップに包んで電子レンジ600Wで4分加熱する。ボウルに入れて、大きめの一口大にスプーンで切る。

point

個体差があるので、竹串を刺してすっと通るくらいまで電子レンジで加熱してください。

0dfb3143 d20c 4c65 8faf 703779f9ce9a 94b6014e 51a2 4b69 a4de 7ddeda1a66b2

ブロッコリーを小さめの一口大に切って、水でよく洗う。

ピクルスとエシャロットを粗めのみじん切りにし、大きめのボウルにいれておく。

526de248 5783 4296 90e8 47c88cb199c4

ボウルに以下の材料を加えて混ぜ合わせ、ドレッシングを作る。

ピクルス

エシャロット

粒マスタード

3袋

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

Home gray@3x

大さじ1

Home gray@3x

小さじ1/2

Home gray@3x

胡椒

適量

〜牡蠣カレーを準備します〜

ご飯を炊く。

玉ねぎを細かいみじん切りにして、電子レンジ600Wで10分、ラップなしで加熱する。

point

ご自宅にフードプロセッサーかすりおろし器がある方はそちらで細かくするのがおすすめです。玉ねぎの組織を壊すことで、水分が出て、玉ねぎの甘さがよく出るようになります。

B695e176 5037 465d a1ba 1f263f622ac6

パクチーの根を切り落とし、5cm幅のざく切りにする。

0562880f bf0f 41a0 a6ad 9d10b4385819
〜牡蠣カレーを作ります〜

鍋にサラダ油(大さじ2)、マスタードシード(4g)、カルダモン(3粒)を加えて弱火にかける。

E0262eb8 d015 4698 b042 2b43d53cd489

マスタードシードがパチパチと跳ねてきたら、玉ねぎ、すりおろしにんにく(2袋)、すりおろし生姜(1袋)を加えて、中弱火であめ色になるまで10分程度炒める。

point

途中、鍋に焼き色が強く付いてしまった時は、水(分量外)を少量加えて、鍋肌についた焼き色をこそぎ落としながら加熱してください。

point

焦がさないように火加減を注意してください。

B4bdb9e6 f7e3 4095 97ac 0096364068cc D3ba5aed 254f 4699 8249 9d1f33a4aece
〜炒めている間にサラダを作ります〜

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を入れ中火で熱し、ジャガイモとブロッコリーを入れ、表面に焼き色がつくまで焼く。

point

ジャガイモをなるべく動かさず、じっくりと面を焼くイメージで焼き色をつけてください。

8c4462ea de91 492e 8c60 08b1a86be85c 58ae82e7 344f 49da 9dd2 1aeebb438845

じゃがいもとブロッコリーをドレッシングが入ったボウルに加える。ゆで卵を加えスプーンで大きめに崩す。

1b3e7708 34c5 428f b435 d9c86506bf4c 43f12b14 988d 448f ac05 3de0c9e2dd7f

イタリアンパセリを手でちぎりながら加え混ぜ合わせる。

A27553f4 622f 48dd b95d 2e9142e98015
〜牡蠣カレーを完成させます〜

火を止めて、カレー粉(10g)、トマトペースト(1袋)を加えてさっと混ぜ合わせる。

point

火を止めることで、カレー粉が焦げて苦味が出てしまうのを防ぎます。

00cce26b 5bd6 4994 a1b9 1fe81618cec0 Ab1c99fd 82bc 4931 9c88 6c1ee54eda0d

水(400ml)、塩(小さじ1)、醤油(小さじ1)を加えて強火で沸かし、沸騰後中火に落とし3分煮る。

Bdf29ed2 1423 4a22 bd62 66933c684c6b

牡蠣を加えて再沸騰させ、中弱火で5分煮込む。バター(3個)を加えて味を調える。

加熱用の牡蠣を使用しているので、火通りが甘い場合はさらに煮込んでください。

point

牡蠣はしっかり加熱し、火を通すようにしてください。

point

バターを加えた後、火を止め30分以上置いておくとより味が馴染みます。

6b5ca847 650e 4a9e bdbe 76f4eef37cf4 52b31864 daa2 40a6 95c4 3b4699e14d68 Fe01f0e4 d955 47a5 ad3b d52ba1600635

ご飯をよそったお皿にカレーをかけ、パクチーを添える。

Bd1a36ae 67de 4dfe 837a d9512101444e
〜サラダを完成させます〜

器に盛り付け、胡椒を振る。

E9a9c098 e184 4d73 ae1c e14617b0f343