赤海老とアスパラガスのトマトクリームパスタ&鶏もも肉のカチャトーラ

Clock w@3x

45min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium e75dc3dc dec1 4f40 a55c c807bac59a12
Medium 3c688d9c 51ae 43a8 ab3f d081e1145603
Medium 2bbf1a5a ad80 478f 9b01 95f1f57d0ba8
E75dc3dc dec1 4f40 a55c c807bac59a12
3c688d9c 51ae 43a8 ab3f d081e1145603
2bbf1a5a ad80 478f 9b01 95f1f57d0ba8
E75dc3dc dec1 4f40 a55c c807bac59a12
3c688d9c 51ae 43a8 ab3f d081e1145603
2bbf1a5a ad80 478f 9b01 95f1f57d0ba8

赤海老とアスパラガスのトマトクリームパスタ&鶏もも肉のカチャトーラ

Clock w@3x

45min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

海老の頭と殻から美味しい出汁をとった、海老とアスパラガスのトマトクリームパスタ。ひと手間かけることで、より美味しく仕上げています。副菜は狩人風という意味の、鶏肉料理の定番、「カチャトーラ」。白ワインビネガーを加えることで、さっぱりとキレの良い味わいになります。フライパンひとつで作れ、とても簡単ですが豪華なひと皿になります。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

90ca0e10 598b 4622 97d9 b2d6f6663a68

田窪 大祐

TACUBO / イタリアンシェフ

「TACUBO」オーナーシェフ。1976年愛媛県生まれ。高校卒業後、大阪あべの辻調理師専門学校へ。卒業後、愛媛松山のイタリアンに就職。5年後に上京し、南青山「アル・ソリト・ポスト」、広尾「アロマフレスカ」で修行。30歳の時に独立。広尾「Ristorantino Barca」、恵比寿「Aria di Tacubo」を経て現在に至る。日本全国の生産者さんを訪ね、厳選した食材を活かすということを大事に日々料理をしている。

Ingredients ― お送りする食材リスト

エビとアスパラガスのトマトクリームパスタ

3c688d9c 51ae 43a8 ab3f d081e1145603

赤海老

6尾

Home gray@3x

ひとつまみ

アスパラガス

2本

スパゲッティー

160g

<海老スープ>

-

赤海老の頭・殻・尾

-

玉ねぎ

15g程度 ※副菜と合わせてお送りしています。

人参

1/10本程度

セロリ

1/6本程度

にんにく

1片(5g程度)※副菜と合わせて3片お送りしています。

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1/2

タイム

1枝程度

白ワイン

30ml

Home gray@3x

350ml

にんにく

1片(5g程度)※副菜と合わせて3片お送りしています。

唐辛子

1/2本(1本で送付しています)

アンチョビ

2g

白ワイン

30ml

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2/3

トマトソース

1/2袋(40g)※1袋(80g)で送付しています。

バター

2個(16g)

生クリーム

1/2本(50ml)※1本(100ml)で送付しています。

Home gray@3x

黒胡椒

適量

Home gray@3x

パスタを茹でるお湯

適量

Home gray@3x

パスタを茹でる塩

適量

鶏もも肉のカチャトーラ

2bbf1a5a ad80 478f 9b01 95f1f57d0ba8

鶏もも肉

100g×2枚

Home gray@3x

適量

Home gray@3x

胡椒

適量

Home gray@3x

サラダ油

適量

薄力粉

1袋(10g)

玉ねぎ

50g程度 ※主菜と合わせてお送りしています。

Home gray@3x

サラダ油

適量

アンチョビ

8g

にんにく

5g(1かけら程度)※主菜と合わせて3片お送りしています。

ローズマリー

1枝程度

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

白ワインビネガー

30ml(大さじ2)

Home gray@3x

50ml

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

ざる

調理方法

〜パスタの準備をします〜

野菜は全て洗ってご使用ください。

アスパラガスの根元の皮をむき、食べやすい大きさ(3cm程度)に斜めに切る。

人参を2〜3mm幅の半月切りに、セロリ、玉ねぎ(送付量の1/4個:15g程度)を1〜2mm幅に切る。

玉ねぎは副菜と合わせてお送りしています。

にんにく(1片)を薄くスライスし、残りのにんにく(1片)をみじん切りにする。

にんにくは副菜と合わせて3片お送りしています。

7211c613 44dc 4fb9 bb6c ed8671c23e89

唐辛子を半分に切り、種を取る。

今回使用は半分のみです。残りはご自由にご利用ください。

海老の頭と殻、尾をむいて取っておく。

身の背を開いて背わたを取り、半分に切る。身に塩(ひとつまみ)をする。

713da108 63f3 4508 ba52 3f1bd5d209bd

鍋にオリーブオイル(大さじ1/2)をひき、海老の頭と殻、尾を色付くまで強火でよく炒める。

point

生臭さが残らないように香ばしい香りがするまで炒めます。

B4a3c500 fb3a 4feb 8ed4 c7b8ff1d4702

香ばしい香りがしたらスライスしたにんにく、玉ねぎ、人参、セロリを入れ玉ねぎが透き通るまでよく炒める。

F78411e9 cb30 45af 8a3a e72b08b1c1dd

白ワイン(30ml)、水(350ml)、タイムを加え、中火で煮込む。10分経ったらざるで濾し、海老スープを作る。(約120ml程度になります)

9618c9e3 57d4 4edc 99c1 e74117fa2788

point

途中でアクが出るので、取り除いてください。

point

えぐみを出さないためには、あまり長時間煮込まず、こす時には潰しすぎないでください。

7fe464c4 3f8a 46e5 b91d 05a31df8cee2 F550e7c8 2896 4732 8445 3492dce7dc99
〜スープを煮込んでいる間にカチャトーラの準備をします〜

玉ねぎ(送付量の3/4:50g程度)を5mm幅にスライスする。

玉ねぎは副菜と合わせてお送りしています。

にんにくをみじん切りにする。

E33dc8dc 6848 46d9 9dff 0e30c5149f35

にんにくは主菜と合わせて3片お送りしています。

鶏肉の両面に塩・胡椒(適量)をして、薄力粉(1袋)をまぶし、余分な粉をはたく。

C7eb6077 a582 42ce abfb 0bf05d69dc83
〜カチャトーラを作ります〜

フライパンにサラダ油(適量)を入れ中火に熱し、鶏肉を皮目から焼く。

5379b8e0 3531 4ddc a8c6 66cbaf586dd8

皮目がこんがり焼けたら、ひっくり返してもう片面も焼く。(目安:片面3〜4分ずつ)

7be5685d 9290 4e9e af72 fe899c770fb8

串などをさして、透明な肉汁が出てきたら一度バットなどに取り出す。

フライパンに残った油をペーパーで拭き取り、サラダ油(適量)を足す。

中火で玉ねぎを透き通るまで炒め、鶏肉と同じバットに取り出す。

E6b9041d f045 4213 856c 8b8305c0e0ca

同じフライパンにオリーブオイル(大さじ1)とにんにく、ローズマリー、アンチョビを入れ、アンチョビをほぐしながら弱火で炒める。

734b1928 b53c 478f bd89 bf514e780c65

白ワインビネガー(30ml)を加えて、ひと煮立ちさせる。

Af824bfe ed2c 4a7f a9e6 75a9bcb9c022
〜パスタを完成させます〜

スパゲッティーを茹でるお湯を沸かし、1%程度の塩を入れる。

point

目安:3Lのお湯に塩大さじ2

フライパンにオリーブオイル(大さじ2/3)、みじん切りしたにんにく、唐辛子(1/2本)、アンチョビ(2g)を入れ、弱火でアンチョビをほぐし、にんにくがきつね色になるまで炒める。

486b5751 46ff 44f7 bb00 6250272eb0a6

海老の身を加えて炒め、白ワイン(30ml)を入れてアルコールを飛ばした後、一度海老をバットなどに取り出す。

point

海老を一度取り出すことで、熱が入り過ぎて固くなるのを防ぎます。

E0949146 3e91 409d a3ab 7ada159d594c

同じフライパンに海老スープ、トマトソース(1/2袋)、生クリーム(1/2本:50ml)、バター(2個)を加え、軽く煮詰めて火を止めソースを作る。

0d044b70 c770 4480 8cd1 9ad71a535c78 9bd9a337 672d 4513 92b1 1dbe71d96cab

トマトソースは1袋(80g)、生クリームは1本(100ml)でお送りしています。どちらも残りはご自由にご利用ください。

沸かしたお湯で、スパゲッティーを表示時間より1分短い7分茹でる。

7f96e008 6c67 4ec4 97ff f6e30498ffc8

アスパラガスをスパゲッティーが茹で上がる1分前にお湯に入れて一緒に茹でる。

7b0c2768 ea76 44d0 aac3 ed322d50fdde

ソースを再度火にかけ、茹で上がったスパゲッティーとアスパラガス、取り出しておいた海老を入れてソースと混ぜ合わせ馴染ませる。

07b3a85a 192b 4722 a3a4 9b540f369c8f

味を見て、必要なら塩(分量外)と茹で汁で味を調える。

スパゲッティーを皿に盛り、黒胡椒(適量)をかけて仕上げる。

A99c4325 fc0e 4b4c b9cd 4b0eabef0a84
〜カチャトーラも仕上げます〜

玉ねぎと鶏肉をフライパンに戻し入れ、水(50ml)を加えて、軽くひと煮立ちさせる。

1feaf361 7f7f 40a0 85a3 7e26005e4fef

皿に鶏肉だけ置き、フライパンに残ったソースをさらに煮詰め、とろみがついたら鶏肉の上にかける。

48ae8352 7979 4fc5 8e02 6d10b30083f8 3a359601 70d9 4373 86de fcd13b0ce867