鶏胸肉と生ハムとチーズのインボルティーニ〜胡桃のソース〜&生ハムと春野菜、温泉卵のビスマルク風

Clock w@3x

45min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium cc9d3ac2 51a3 49c4 9759 c4c3379b1990
Medium 9a8877bc 61e4 45f4 a084 1a96f46a76aa
Medium 59918fec c5db 4646 8d0d ddd04d170aa6
Cc9d3ac2 51a3 49c4 9759 c4c3379b1990
9a8877bc 61e4 45f4 a084 1a96f46a76aa
59918fec c5db 4646 8d0d ddd04d170aa6
Cc9d3ac2 51a3 49c4 9759 c4c3379b1990
9a8877bc 61e4 45f4 a084 1a96f46a76aa
59918fec c5db 4646 8d0d ddd04d170aa6

鶏胸肉と生ハムとチーズのインボルティーニ〜胡桃のソース〜&生ハムと春野菜、温泉卵のビスマルク風

Clock w@3x

45min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

 

 

Cooking description

- 料理説明 -

 

今回は鶏胸肉を使ったイタリア北部をイメージした料理です。さっぱりとした鶏胸肉に、コクのある生ハムとチーズをプラスして焼き上げました。中からトロけ出てくるチーズと生ハムの塩加減は、クルミとバターを使った甘いソースと合わせると相性は抜群です。合わせたもう一皿には、旬の菜の花とスナップえんどう、生ハムを使い、温泉卵でビスマルク風に仕上げました。生ハムと温泉卵の組み合わせで、重くなりがちなイメージですが、菜の花の程よい青さと甘味と、ホワイトバルサミコ酢の優しい酸味が、しっかりと緩和して全体をまとめてくれます。春の優しい上品な仕上がりのビスマルクと、フルーティーな白ワインを合わせてみてはいかがでしょうか。

 

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

9213478d 9597 4d7d 9306 7dc00c38883a

泥谷 俊介

リストランティーノ ルベロ / イタリアンシェフ

1984年生まれ 岐阜県出身。高校卒業後、数々の飲食店を経験し、24歳の時にイタリア料理の世界へ。地元岐阜と名古屋で経験を積み、その後短期で渡伊。ナポリの下町のレストランで働き、帰国後は『イルギオットーネ』に入社。プロデュース店のコードクルックやイルギオットーネ丸の内で副料理長、料理長を務める。2016年から目黒のイタリア料理店『リストランティーノ ルベロ』のシェフとして働く。

Ingredients ― お送りする食材リスト

鶏胸肉と生ハムとチーズのインボルティーニ〜胡桃のソース〜

9a8877bc 61e4 45f4 a084 1a96f46a76aa

鶏胸肉

1枚

生ハム

1/2パック

シュレッドチーズ

2袋(40g)

薄力粉

1袋(10g)

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

クレソン

10g程度

<胡桃ソース>

-

胡桃

10g

フォンドヴォー

1本(30ml)

はちみつ

1/3袋(5g)

バター

1個(8g)

生ハムと温泉卵のビスマルク風

59918fec c5db 4646 8d0d ddd04d170aa6

2個

生ハム

1/2パック

パルメザンチーズ

1袋(7g)

菜の花

30g程度

インゲン

4本

スナップえんどう

4本

Home gray@3x

適量

ホワイトバルサミコ酢

7.5ml

Home gray@3x

ふたつまみ

Home gray@3x

オリーブオイル

小さじ1

Home gray@3x

黒胡椒

適量

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

肉叩き

調理方法

【配送されたお野菜について】

食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。

野菜は全て洗ってご使用ください。

【食材の配送について】

品質・安全性保持の観点から、食材を小分けする(仕入れ単位からレシピで使用する分量に分ける) ことができないものがございます。

例:生クリーム , 牛乳 , 缶詰 等...

〜ビスマルクの準備をします〜

お湯(1L)を沸かし、水(200ml)を加え、卵を入れる。火を止めて蓋をし、20分そのまま保温して温泉卵をつくる。

636467dc 0a4f 47e0 8051 9b28bf6e1281

スナップえんどうはスジを取っておく。

生ハム(送付量の半分)を食べやすい大きさに切る。

39a350a0 c7ce 4495 8783 197021ae2a2a

鍋でお湯を沸かし、軽く塩(適量)を入れる。

菜の花、インゲン豆、スナップえんどうを軽く茹でる。

point

目安:菜の花:1分、スナップえんどう:3分半〜4分、インゲン豆:4分

509029ac abe1 4c03 baac 19ad786f3534

茹でた野菜を氷水で冷やして、水気をよく切り、菜の花とインゲン豆をカットしておく。

スナップエンドウを半分に開いておく。

5028b717 f3a2 43a0 b98a 8540e749044f
〜インボルティーニを準備します〜

クレソンを冷水にさらしておく。

3b87fd66 222a 4fbd a9e1 13167bf0b579

鶏肉の皮をはぐ。

鶏肉を薄く面積を大きめに4等分にスライスする。

4fd67058 8fe3 4562 a91a 88bafaedadb9

オーブンを180℃に予熱する。

〜インボルティーニを作り始めます〜

鶏肉にラップをして、肉叩きで軽く叩いて薄くのばす。

point

肉叩きがない場合は、麺棒もしくは包丁の腹で代用してください。

14796f4c 8002 459a 8927 1f562df27c27

鶏肉に生ハム、その上にチーズをのせ、チーズを包むように肉を巻いていく。 

point

中身がはみ出ないように両端はしっかり包んでおきます。

1f0cf63c 53bc 42e3 9553 64808f30eb09 B9947b99 c26f 446d bfd8 44cc412e59c2 Dc957a3f 7fbc 4b1e bfd3 6b6338fa2c5f

鶏肉の表面に軽く薄力粉をつける。

Bf1020f5 d178 43cb b5c8 3f05b497686d
〜ビスマルクを作ります〜

ボウルに野菜を入れ、下記の食材で味付けする。

Home gray@3x

ふたつまみ

ホワイトバルサミコ酢

7.5ml

Home gray@3x

オリーブオイル

小さじ1

皿に野菜、生ハム、温泉卵を割り盛り付ける。パルメザンチーズと黒胡椒(適量)を仕上げにかける。

A2baf9ef 56f5 4422 9925 7caca6a3d02e
〜インボルティーニを完成させます〜

フライパンを熱し、オリーブオイル(大さじ2)を入れ、強火で全面に焼き色が付くまで3分程度焼き、取り出す。

point

火が弱く、長時間焼くと肉が硬くなるので注意してください。

B204fe25 afa8 4693 98a3 e5fce3f59386 66bf8919 d85b 4657 a95a 7b47edaa7644

フライパンの汚れをペーパーで取り、バター(1個)、はちみつ(1/3袋)、フォンドボー(1本)をフライパンに入れ、軽く煮詰めて濃度をつける。胡桃を入れ、軽くまぜる。

point

煮詰まりすぎて、ソースが重くなりすぎたら少し水を加えて伸ばします。

E356664f 2fa0 470b aaf3 ab1507c69125 2bad8237 181e 435f b911 ff42093ea7c5

焼いた肉を180℃のオーブンに2分入れて温める。

point

オーブンがない場合は、フライパンに蓋をして余熱でチーズがとけるまで火を入れて下さい。

Dd0ad953 7860 4f30 9ac1 035e37ff2eec

中に火が入り、チーズがとろけるようになったら、半分にカットして皿に盛る。クレソンを添えてと胡桃ソースをかける。

point

切ってまだチーズがとけていなかったら、再度加熱してください。

22e1bc46 4baf 4971 93a0 611ffe925bc8