鴨のロースト ブルーベリーソース〜人参のマリナータ添え〜&じゃがいもの自家製ニョッキ サルビア風

Clock w@3x

80min

Stars3@3x

難しい

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium 89e658fc 0465 4437 9d9f 994690fbe53e
Medium 884b4029 8db4 46c0 b7fa dd57b936637f
Medium bcfa6dee 2a98 497f b89e 3aa718469225
89e658fc 0465 4437 9d9f 994690fbe53e
884b4029 8db4 46c0 b7fa dd57b936637f
Bcfa6dee 2a98 497f b89e 3aa718469225
89e658fc 0465 4437 9d9f 994690fbe53e
884b4029 8db4 46c0 b7fa dd57b936637f
Bcfa6dee 2a98 497f b89e 3aa718469225

鴨のロースト ブルーベリーソース〜人参のマリナータ添え〜&じゃがいもの自家製ニョッキ サルビア風

Clock w@3x

80min

Stars3@3x

難しい

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

メインの鴨のローストは時間をかけ、皮目はパリッと、中は柔らかく仕上げています。
相性の良いブルーベリーと赤ワインで本格的な味のソースを合わせ、付け合わせにはクミンが香る人参のマリナータを添えました。赤ワインと一緒に合わせたら、さらに本格的に味わっていただけます。
もう一皿にはピエモンテなどでよく見られる、じゃがいものニョッキに、セージとバターのソースを合わせました。
シンプルに素材の味を、最大限に引きし楽しんでいただける一皿になっています。
 

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

A167c7bc 2b2f 4005 9b97 6b32ed10fae5

泥谷 俊介

リストランティーノ ルベロ / イタリアンシェフ

目黒イタリア料理『リストランティーノ ルベロ』シェフ。 1984年生まれ 岐阜県出身。高校卒業後、数々の飲食店を経験し、24歳の時にイタリア料理の世界へ。地元岐阜と名古屋で経験を積み、その後短期で渡伊。ナポリの下町のレストランで働き、帰国後は『イルギオットーネ』に入社。プロデュース店のコードクルックやイルギオットーネ丸の内で副料理長、料理長を務める。2016年から目黒ルベロのシェフとして働く。

Ingredients ― お送りする食材リスト

鴨のロースト ブルーベリーソース〜人参のマリナータ添え

884b4029 8db4 46c0 b7fa dd57b936637f

鴨ロース

1枚

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

胡椒

適量

Home gray@3x

オリーブオイル

小さじ1

オレンジ

1/2個 (1個でお送りしています。余った分はご自由にお使いください。)

Home gray@3x

黒胡椒

適量

<ブルーベリーソース>

-

赤ワイン

50ml

ブルーベリージャム

1個

Home gray@3x

ひとつまみ程度

<人参のマリナータ >

-

人参

150g程度

Home gray@3x

ひとつまみ

クミンシード

1.2g

にんにく

5g(1かけら程度)

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

イタリアンパセリ

2g程度

じゃが芋のニョッキ サルビア風

Bcfa6dee 2a98 497f b89e 3aa718469225

<ニョッキ >

-

じゃがいも(男爵)

240g 程度

強力粉

80g

強力粉(打ち粉用)

10g (強力粉はニョッキ用と打ち粉用まとめてお送りしています。)

パルメザンチーズ

1袋(7g)

1個

Home gray@3x

小さじ1

Home gray@3x

胡椒

適量

<ソース>

-

セージ

4枚程度

バター

4個(32g)

にんにく

5g(1かけら程度)

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

調理方法

【配送されたお野菜について】

食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。

野菜は全て洗ってご使用ください。

【配送されたお野菜について】

食材は配送の関係で変色など起こしている場合がございます。その場合は変色した部分を取り除いて、ご使用ください。

野菜は全て洗ってご使用ください。

〜鴨のローストの準備をします〜

鴨の余計なスジなどを取り、皮目に軽く格子を入れる。

鴨に、塩(ひとつまみ)、胡椒(適量)をして常温に戻しておく。

point

焼いた時に、身が縮んでもキレイに焼けるのと、余分な脂を落ちやすくするためです。

7b9d4ab3 3495 4609 b426 4b988361675e 428982a5 7ce7 48ab 8d4a 3ad27fab4888 124fa400 ce29 4cf7 88c3 a2ae3d1de91c

人参をスライサーや包丁で千切りにしておく。

人参に塩(ひとつまみ)を軽くして混ぜ合わせておき、余分な水分を抜いておく。

イタリアンパセリを粗めに刻んでおく。

クミンシードを粗めに刻んでおく。

にんにくを半割りにして芽をとっておく。

オレンジを飾り用に4〜6枚にスライスしておく。

Fcaac82a a218 469b b48d bb1ea0083e3d

オレンジは1個でお送りしています。余った分はご自由にお使いください。

オーブンを160℃に予熱する。

〜ニョッキを準備します〜

鍋にお湯と1%の塩を入れ、じゃがいもを茹でる。

point

面倒な場合はじゃがいもを水でよく洗い、濡れたままラップで包み600Wの電子レンジで4分加熱する。固い場合は30秒~1分程度追加する。

902495c6 e2bb 4847 af97 5a7f3a74d24a

セージの葉の部分だけ粗めに刻んでおく。

にんにくをみじん切りにしておく。

53ff532b 0c72 4376 b798 4d23b8788fb5

強力粉のうち打ち粉用に10g(大さじ1)取り出しておく。

〜ニョッキを作ります〜

じゃがいもが熱いうちに皮をむき、マッシャーで細かくする。

16de8e45 7e5e 4ecd 876c e74481c3c825

ボウルに以下の食材を入れて、よく混ぜてニョッキ生地を作る。

Dcc227c9 b3c5 4265 98ba f0cb51ad2514 67ad6966 f007 49e6 aa98 25070e63fe95

潰したじゃがいも

強力粉

80g

溶き卵

1個分

パルメザンチーズ

1/2袋

Home gray@3x

小さじ1

Home gray@3x

胡椒

適量

ニョッキ生地を台の上にのせ、直径が1.5cmくらいの長い棒を作るようにコロコロ転がしながら伸ばす。

point

この時、強力粉で軽く打ち粉をすると生地がくっつかず伸ばしやすいが、強力粉を打ち過ぎないようにしてください。

A7024ca4 a9c5 4e11 a1d0 8da8b6b2aecd

伸ばした生地を1.5cmくらいの長さでカットする。

8325eb4d c7e7 4d6f bf39 b529fa6d1136

フォークに押しあて、滑らすように回転させ成形する。

76518740 0b2d 4f42 b911 7c2850bc55e6 58359a34 3bfb 4f49 9ea1 e4feae8b3118 D9f2ff13 4777 49c0 bf85 72651da17ad2

成形したらすぐに強力粉(10g)で打ち粉をする。

point

打ち粉をすることにより、ニョッキがくっつきにくくなります。

Aadf924b 3abf 4320 9faf da490082d586
〜鴨のローストを作り始めます〜

フライパンにオリーブオイル(大さじ2)とにんにくを入れ弱火にかける。

にんにくの香りがオリーブオイルに移ったら火を消し粗熱をとる。

2d7cf96d 9ca3 4db0 9331 d2878050e646

オイルの粗熱がとれたら、人参とボウルで合わせ、クミンシード、イタリアンパセリ、塩(ひとつまみ)で味付けをする。冷蔵庫で冷やしておく。

C5bb150c b6de 432e b7d9 b3afdd71715f C05c2a69 cc46 45aa a344 19005667503e

フライパンにオリーブオイル(小さじ1)を入れ、弱火で鴨の皮目を5分程度焼く。

point

この時、皮から出てくる脂をペーパーでふき取りながら焼いてください。

9ec2bfed b9f0 4963 99da 838055c60fa0 1c9b35ad 1d64 49df 9bd0 a80f1cf32491

皮目にキレイに焼き色が付いたら、さっと一瞬だけひっくり返して取り出す。

C47f9f6a e6d5 450a bfdf dfd8d7f46119

皮目を下にしてバットにおき、160℃のオーブンに入れる。

6953a2cc 7d46 46f8 a1ff 42e90676ff50

5分したら取り出し、5分休ませる。

オーブンがない方は下記URLよりフライパンで焼く鴨の焼き方をご参照ください。

〜ニョッキのソースを作ります〜

フライパンにバター(4個)とにんにくを入れて弱火にかけソースを作る。

香りが出てきたら火を止める。

A8cdca9c 9bee 4ae3 925d 109e42486b6b

別の鍋でお湯を沸かし、軽く塩(お湯の1%程度)と作ったニョッキを入れ、ニョッキが浮き上がってくるまで茹でる。

2baf5ad1 4ecd 48a9 aca3 a5fd43f66ec3

ソースを再度火にかけ、茹で上がったニョッキと茹で汁(大さじ3)、セージと合わせる。

C4c8b0d5 bb23 4157 aa74 2b82420f9a7c

ソースとなじんだら皿に盛り、パルメザンチーズ(1/2袋)と黒胡椒(適量)をかけて完成。

810ea4dd b709 4cf9 b87b f2c823531c47
〜鴨のローストを完成させます〜

仕上げにもう一度オーブンに入れ、4分で取り出す。

point

オーブンによって焼き加減が違うので、仕上げの焼きを4〜6分で微調整してください。

鴨を焼いたフライパンに赤ワイン(50ml)を入れ、沸騰させてアルコールを飛ばし、ブルーベリージャム(1個)を加えてソース状のとろみが出るまで煮詰めていく。

2a5cb94e 8390 4186 ac6a bc35a0c7b32d

軽く塩(ひとつまみ程度)で味を調える。

Fdcc5530 c4a0 4148 be08 a698bca3aa71

皿にオレンジのスライスと人参のマリナータを盛りつける。鴨をカットしてオレンジの上に乗せ、まわりにソースをかける。

お好みで黒胡椒(適量)をかけて完成。

E11689c5 d61f 441b a951 af613ed9a624