豚肩ロースのサルティンボッカ&生ハムと新玉ねぎ、オレンジのサラダ

Clock w@3x

30min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

Medium 9f46266f e5dd 47c7 b9cf 3483c0a7f000
Medium ab290949 1d15 4e09 a3bb 6403425746df
Medium df13e77c 9041 4363 9c74 db7020fa951c
9f46266f e5dd 47c7 b9cf 3483c0a7f000
Ab290949 1d15 4e09 a3bb 6403425746df
Df13e77c 9041 4363 9c74 db7020fa951c
9f46266f e5dd 47c7 b9cf 3483c0a7f000
Ab290949 1d15 4e09 a3bb 6403425746df
Df13e77c 9041 4363 9c74 db7020fa951c

豚肩ロースのサルティンボッカ&生ハムと新玉ねぎ、オレンジのサラダ

Clock w@3x

30min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

About this recipe ― このレシピについて

サルティンボッカは“口に飛び込む”という意味のローマ料理。肉を叩いて薄く伸ばす事で、短時間で調理でき、香ばしく焼けた生ハムはより一層旨味を追加します。白ワインとバターで、肉の旨味をこそぎ落としたソースで食べると絶品です。副菜は旬の新たまねぎを使ったサラダ。オレンジで爽やかさを、生ハムで程よい塩気と旨味を合わせてみました。ぜひご一緒にお召し上がりください。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

4330c082 eca1 4504 9cba 807b0b1a6e54

平井 正人

ダル・マット / イタリアンシェフ

人気イタリアン『ダル・マット』オーナーシェフ。 大学在学中からイタリアンレストランに勤務。卒業とほぼ同時に渡伊し、リグーリア州、トスカーナ州のレストランで修行を積む。帰国後は「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」「グットドール・クラッティーニ」など名店で研鑽を重ね、2004年11月に独立。西麻布、恵比寿、六本木などに店舗を展開。

Ingredients ― お送りする食材リスト

豚肩ロースのサルティンボッカ

Ab290949 1d15 4e09 a3bb 6403425746df

豚肩ロース

100g×2

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

胡椒

適量

生ハム

2枚

セージ

2枚程度

薄力粉

10g(1袋)

白ワイン

2袋(60cc)

チキンブイヨン

100cc (水:100cc+顆粒ブイヨン:1/3本)

バター

1個(8g)

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

イタリアンパセリ

2g程度

クレソン

1/3束

Home gray@3x

黒胡椒

適量

生ハム、新玉ねぎ、オレンジのサラダ

Df13e77c 9041 4363 9c74 db7020fa951c

生ハム

2枚

新玉ねぎ

1個

オレンジ

1個

ルッコラ

15g

赤ワインビネガー

10cc

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

黒胡椒

適量

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

調理方法

〜サルティンボッカの準備をします〜

イタリアンパセリを刻む。

クレソンを水にさらし、食べやすい大きさにカットする。

A111be1c 3f4d 46a9 94d1 d9b0157b0e38

豚肉の両面に軽く塩(ひとつまみ)、胡椒(適量)をし、ラップではさんで、叩きのばす。

point

生ハム自体に塩気があるので、塩をかけすぎないように注意してください。

3164c295 f3ae 4864 b850 b524e2067b12

叩いた豚肉にセージと生ハムをのせ、生ハムと肉をくっつけるために軽く叩く。

1b1c5fd5 a6d5 4617 b5a9 a442debfd721

薄力粉をまぶして余分な粉をはたき落とす。

4d9d4579 583c 4162 8fd5 b9f3e0bc55bb
〜サラダの準備をします〜

新玉ねぎの皮をむき、スライスしておく

point

個体差があるので、少し味見して、もし辛い場合は軽く水にさらすと辛味が抜けます。

オレンジを房取りして、1cmの角切りにする。

ルッコラを水にさらしておく。

生ハムを食べやすい大きさに切っておく。

B25399d4 52d1 49f2 8cb8 b6f922ec62c7
〜サルティンボッカを作ります〜

フライパンにオリーブオイル(大さじ2)を熱し、豚肉を生ハムの面から中強火で焼き色が付くまで手早く焼く。

point

火が入りすぎると肉がパサついてしまうので、焼くときは手早く色付けるように焼いて下さい。

D61351b0 937b 4198 a46b fc7934a6b453

反対の面も同様に焼く。

F80168b7 f3a9 44bf a686 b44218ccfc8e

豚肉を取り出し余分な油を捨て、白ワイン(2袋)を加えて中火で半量まで煮詰める。

42a0ffc7 20be 4d9e 8c5c 36580a97d06b

チキンブイヨン(水:100cc+顆粒ブイヨン:1/3本)を加え、1/4程度に煮詰める。

E2949e37 a3e0 4069 ba07 b3a52ba7ea24
〜サラダを作ります〜

以下の食材をボウルに入れ混ぜ合わせる。味を見て、お好みで塩(適量)で調味する。

Bf0e7858 d914 4be7 9e9d 4a8d06a50afc

新玉ねぎ

オレンジ

ルッコラ

赤ワインビネガー

10cc

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

Home gray@3x

ひとつまみ

皿に盛りつけて生ハムをちらし、黒胡椒(適量)をふりかけて完成。

96409d64 101c 4a66 b846 885eb182b2ea
〜サルティンボッカを仕上げます〜

豚肉を戻し温め直したら、火を止めてバター(1個)を加えて溶かし込む。

point

バターを加えることで、ソースに風味ととろみがつきます。

A9a1fea6 19ca 4958 8c22 8e4444643347

豚肉を皿に盛り、ソースをかける。クレソンを添え、イタリアンパセリをちらし、黒胡椒(適量)をかけて完成。

C49395d6 a477 4569 b8f2 cfe04cb22e9c