アサリとチーマディラーパのベルミチェッリ&鶏肉とフェンネルドレッシングのミスティカンツァ

Clock w@3x

35min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

※鶏肉を常温に戻す時間(30分〜)を除く

Medium 8e091f04 d9a5 48bf aac6 8d36c96cdd54
Medium ec777e58 b6dc 4dad aa96 72027ac13b18
Medium c680ae3a 2a80 46e1 820e d2dea13def3d
8e091f04 d9a5 48bf aac6 8d36c96cdd54
Ec777e58 b6dc 4dad aa96 72027ac13b18
C680ae3a 2a80 46e1 820e d2dea13def3d
8e091f04 d9a5 48bf aac6 8d36c96cdd54
Ec777e58 b6dc 4dad aa96 72027ac13b18
C680ae3a 2a80 46e1 820e d2dea13def3d

アサリとチーマディラーパのベルミチェッリ&鶏肉とフェンネルドレッシングのミスティカンツァ

Clock w@3x

35min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

※鶏肉を常温に戻す時間(30分〜)を除く

About this recipe ― このレシピについて

菜の花に似た独特の苦味を持つイタリアの冬野菜『チーマディラーパ』を定番のアサリと合わせた、シンプルながらイタリアの現地を感じるパスタです。今回は少し太めのパスタ『ベルミチェッリ』を使いました。付け合わせは余熱でジューシーに焼き上げた鶏肉に、フェンネル風味のドレッシングを使ったミスティカンツァ(ミックスサラダ)。ドレッシングはサラダやお肉、魚のカルパッチョなど何にでも使えるので、ぜひお好みでアレンジしてみてください。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

D269ff9b 788d 49cc a0a2 895a1d2c782e

山口 智也

イル テアトリーノ ダ サローネ / イタリアンシェフ

大阪の調理師専門学校を卒業後、PONTE VECCHIO(大阪)に入社。25歳で渡伊しウンブリア州やピエモンテ州の星付きレストランで修行、帰国後Ristorante Cascina Canamilla(中目黒)のスーシェフを経てサローネグループに入社。2017年3月よりIL TEATRINO DA SALONE(南青山)のシェフ(料理長)を務める。日本最大級の料理人コンペティションRED U-35 2017のファイナリスト(GOLD EGG)受賞。

Ingredients ― お送りする食材リスト

アサリとチーマディラ―パのベルミチェッリ

Ec777e58 b6dc 4dad aa96 72027ac13b18

チーマディラーパ

120g

アサリ

300g

白ワイン

1袋(30cc)

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1/2

Home gray@3x

100cc

にんにく

10g(2かけら程度)

カラブリア唐辛子

1個

アンチョビ

5g

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

Home gray@3x

100cc

ベルミチェッリ(パスタ)

200g

Home gray@3x

パスタを茹でるお湯

適量

Home gray@3x

お湯に対して1%

Home gray@3x

オリーブオイル(仕上げ用)

大さじ2

鶏肉とフェンネルドレッシングのミスティカンツァ

C680ae3a 2a80 46e1 820e d2dea13def3d

鶏もも肉

160g

Home gray@3x

小さじ1/3

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1/2

ベビーリーフ

15g

トレビス

15g

<フェンネルドレッシング>

-

フェンネルパウダー

0.5g

オレガノパウダー

0.1g

白ワインビネガー

10cc

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

砂糖

小さじ1

Home gray@3x

胡椒

適量

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

ザル

調理方法

ミスティカンツァの鶏肉を常温に戻します

鶏もも肉を冷蔵庫から出して30分〜1時間程度おき、常温に戻しておく。

point

ここでしっかり常温に戻しておかないと後から火が入らないので必ず行ってください。

ベルミチェッリの準備をします

アサリを砂抜きして、よく洗う。詳しいアサリの砂抜きの方法は下記をご覧ください。

Ae60144b 2f55 42e3 9d74 e0d47319ecf8

にんにくとアンチョビをみじん切りにする。

チーマディラーパを食べやすい大きさに切る。

04331607 2d1d 4468 b21c a462c7c63ee3

大きめの鍋に水を入れ、パスタ用の湯を沸かす。1%の塩を加える。

point

目安:お湯3Lに対して塩大さじ2

ミスティカンツァの準備をします

鶏もも肉に塩(小さじ1/3)を振る。

55ec01d7 57eb 4461 a786 548703ee12db

トレビスをちぎり、ベビーリーフと一緒に水で洗う。

A33597f7 cb5c 4f0c 9e60 cfce9f3117af

ドレッシングの材料を全てボウルに入れ、よくかき混ぜる。

90fbe2dc 51a0 4e24 b05c c36793029cc4

フェンネルパウダー

0.5g

オレガノ

0.1g

白ワインビネガー

10cc

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

砂糖

小さじ1

Home gray@3x

胡椒

適量

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

ベルミチェッリのソースを作ります

フライパンにオリーブオイル(大さじ2)をしき軽く熱して、アサリを加え白ワイン(1袋)を入れてアルコールを飛ばす。

6dadb674 5494 420d b5e9 e900312342aa

水(100cc)を加えて蓋をし、アサリの殻が開くまで待つ。

02dd1eb6 760b 410b a7fc d100e57799c4

開いたらザルにあけて出汁と貝を分けておく。

B3fffe53 8357 4779 acdf dc5cf6df856e

point

アサリを一度取り出すことでアサリに火が入りすぎず仕上がります。

軽く水気を拭き取り、同じフライパンにオリーブオイル(大さじ2)とにんにくのみじん切り、唐辛子を入れてにんにくが色づくまで炒める。

D21e287b 5589 4f4c a26c 13fe3d2ad716

アンチョビを入れて少し炒め、チーマディラ―パを加えて軽く炒める。

3fd99ee8 9df7 43a4 b97d f3e9450e3411

アサリの出汁と水(100cc)を加えて蓋をして、チーマディラ―パに火を入れる。

Ba3383e4 6d61 49b3 bd1a 9b54566fc865

point

チーマディラ―パはくたくたに柔らかくして、野菜の食感ではなく旨味を引き出して使うのがイタリア流です。

ミスティカンツァを作ります

フライパンにオリーブオイル(大さじ1/2)をしき煙がでる直前まで熱する。

point

フライパンをしっかり熱してから焼くことで鶏肉の皮がブヨブヨしない焼き上がりになります。

鶏もも肉の皮目を下にしてフライパンできつね色になるまで中火で3〜5分ほど焼く。

Ab469532 0f77 4451 868a 70cebbc63dbb

point

アルミホイルで油ハネを防げます。少し押さえつけながら焼くと綺麗に焼けます。

04d4ec20 6cf0 4592 9b77 ec8d86ec374e

裏返して中火で1分ほど焼いてフライパンから取り出し、アルミホイルに包んで3分程度休ませる。

A5935065 3ce5 4c37 b722 f0a7888f4023 Feefab90 7e9c 462c 9303 16662c8701cb

point

裏面はさっと焼いてアルミホイルの中で余熱で火を入れることで、ジューシーな焼き上がりになります。もし火の入りが甘い場合は追加で数分焼いてください。

ベビーリーフとトレビスを、お好みの分量のフェンネルドレッシングで和える。

8ddeccc8 dce8 4b99 9b17 4a2ba0f65a5c

鶏肉をお好みの大きさにカットし、サラダ(ミスティカンツァ)を添える。

Bc02ae13 a29d 4fe5 b2b6 b36393aff5a9
ベルミチェッリを仕上げます

鍋でパスタ(ベルミチェッリ)を11分(表示時間より30秒短く)茹でる。

E54bccfe 5ea3 4e26 8383 bef44432cce9

point

ベルミチェッリは少し硬めに上げて、アサリのお出汁の中で炊くことで旨味を吸うと美味しくなります。

茹で上がったベルミチェッリをソースのフライパンに入れて和えて汁を吸わせながらちょうどいい固さになるまで火を入れる。

2756e9c3 08ac 40d8 ad76 b945d23e2d04

アサリを加えアサリが温まったら、唐辛子を取り出しオリーブオイル(大さじ2)を加えて仕上げる。

味見をして必要であれば塩(適量)で味を調え、皿に盛り付ける。

7bfc9eb2 2020 4345 b4e3 fb16d7c474f4