鴨肉のロースト〜ぶどうとバルサミコのレデュークション〜 & 冷製ツナソースパスタ〜プッタネスカ風〜

Clock w@3x

45min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

※肉を常温に戻す時間(30分〜)を除く

Medium 43184987 a4e8 4761 b99b 46bf5b4089ad
Medium 61348833 749e 48cb 8b57 9ad70c77663b
Medium 76791270 be13 40b7 a407 1ed9be854bdd
43184987 a4e8 4761 b99b 46bf5b4089ad
61348833 749e 48cb 8b57 9ad70c77663b
76791270 be13 40b7 a407 1ed9be854bdd
43184987 a4e8 4761 b99b 46bf5b4089ad
61348833 749e 48cb 8b57 9ad70c77663b
76791270 be13 40b7 a407 1ed9be854bdd

鴨肉のロースト〜ぶどうとバルサミコのレデュークション〜 & 冷製ツナソースパスタ〜プッタネスカ風〜

Clock w@3x

45min

Stars2@3x

普通

C1a505fa 6268 4ece a4d8 0186a7c14487

通常キット

※肉を常温に戻す時間(30分〜)を除く

About this recipe ― このレシピについて

フランス料理では定番の鴨肉。ソースはぶどうジュースとバルサミコを合わせ、肉の下味にもはちみつを使い、甘みのある味付けで大人も子どもも楽しめるように仕上げました。温製でも冷製でもお召し上がりいただけます。副菜の冷製パスタはトマト、ツナ、オリーブを使ったイタリア伝統のパスタ”プッタネスカ”を今回は冷製に仕立てました。。簡単に本格的な味が作れるのでオススメです。

Produced by ― このレシピの考案者のご紹介

8693b10d 81d5 4433 af50 5f4a1c027ac8

土切 祥正

フレンチシェフ

「コントワール ミサゴ」オーナーシェフ。1976年静岡県生まれ。高校卒業後「下高井戸旭鮨総本店」に入社。その後、西麻布「レリノス」等を経て、北海道のオーベルジュ「ヘイゼルグラウスマナー」で働いた後、「ブラッスリーマノワ」に立ち上げから携わり4年間勤務。2010年8月に東京西麻布にて「コントワール ミサゴ」をオープン。料理の修業は鮨屋から始まりカリフォルニア料理やフランス料理等で幅広く研鑽を積み、コントワールミサゴでは、日本全国からシェフの厳選した食材をベースにした本格的な料理を提供しています。

Ingredients ― お送りする食材リスト

鴨肉のロースト〜ぶどうとバルサミコのレデュークション〜

61348833 749e 48cb 8b57 9ad70c77663b

鴨ロース

1枚

はちみつ

小さじ1(1/3袋)

Home gray@3x

小さじ1/2

Home gray@3x

胡椒

適量

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

インゲン

2本

茄子

1本

ズッキーニ

1本

Home gray@3x

小さじ1/2

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ1

Home gray@3x

<ソース>

-

ぶどうジュース

100cc(1/2本)

バルサミコ酢

30cc

冷製ツナソースパスタ〜プッタネスカ風〜

76791270 be13 40b7 a407 1ed9be854bdd

カッペリーニ

80g

ツナ缶詰

1缶

トマト

1個

オリーブ

15g

ケッパー

15g

Home gray@3x

オリーブオイル

大さじ2

Home gray@3x

ひとつまみ

Home gray@3x

胡椒

適量

シブレット

2g程度

Home gray@3x

パスタを茹でるお湯

適量

Home gray@3x

パスタを茹でる塩

お湯の1%程度

Home gray@3x

適量

Allergy ― 7大アレルゲン

小麦 落花生 えび そば かに

Equipments ― 必要な調理器具

Microwave

電子レンジ

Oven

オーブン

Toaster oven

オーブントースター

Frying pan

フライパン

Pot

Saucepan

片手鍋

Dish top

耐熱皿

Bowl

ボウル

Bag2

ビニール袋

調理方法

まずは鴨肉の下準備をします

下準備

鴨肉を常温に戻しておく。(30分以上)

肉を常温に戻すことで、中まで綺麗に焼けるので、...続きを読む